デジタルサービス

総合ニュースサイト ヨミウリ・オンライン(YOL)

ヨミウリ・オンラインは、読売新聞の総合ニュースサイトです。1995年(平成7年)6月、国内の主要な新聞社による初のサイトとして誕生しました。

政治、経済、国際、社会、スポーツなど、幅広いニュースを24時間態勢で発信し、グルメや趣味、エンタメ、カルチャー、新車情報など、お得な記事も満載です。

ヨミウリ・オンライン

旬のニュースを深く知る「深読みチャンネル」

旬の話題を、新聞とはひと味違った切り口で深く知りたい人には「深読みチャンネル」が、効率よく知りたい人には「まとめ読み『NEWS通』」がお勧めです。

「深読み」は、読売新聞記者だけでなく、外部の書き手も執筆にあたり、「まとめ読み」は、注目のニュースの全体像が写真や図表付きでコンパクトに理解できるコーナーです。

新たなウェブ技術を駆使した「デジタルストーリー」

「デジタルストーリー」のコーナーでは、話題のニュースなど画面をスクロールしながら巻物を広げるように読み進めるウェブ表現手法を使い、多彩な読み物をお届けしています。

2016年には、4月に発生した熊本地震の緊急グラフ特集を公開しました。これまでに6本のグラフを作成、被災地の様子を多面的に紹介しています。

6月には「ビートルズ日本公演50周年記念特集」を公開しました。グループのコンサート回数とレコーディング時間の関係をグラフ化したり、来日当時の写真に最新技術で自動彩色したりするなど、ファンが楽しめる内容にしました。8月のリオ五輪では「陸上日本代表の実力」も公開しています。

デジタルストーリー

人気掲示板「発言小町」

「発言小町」は、女性向けページ「大手小町」の人気掲示板です。恋愛や子育て、仕事から身近な疑問まで、にぎやかな書き込みが毎日寄せられています。月間のアクセス数は約2億件に上ります。

1年間の投稿の中から一番心に残ったトピックス(トピ)には、「発言小町大賞」が贈られます。また、注目のトピを取り上げ、毎週火曜日の読売新聞夕刊で特集記事を掲載しています。

15年8月にはスマートフォン版のデザインを一新。トピ・レスを探す手間や投稿が簡単になりました。

発言小町

大森亜紀
<編集長から>
大手小町編集長 大森亜紀

「発言小町」には、1日に約5000件の投稿が寄せられます。そのすべてに編集部が目を通し、法的に問題がある投稿や誹謗中傷がないかなどをチェックしています。

利用者は性別、年齢問わず幅広く、さまざまな角度からのアドバイスや意見が集まります。普段は聞けないような本音も満載。レスの数やアクセス数の多い順のランキングを見る機能もあります。注目トピを編集部が紹介する「発言小町ニュース」や、投稿されたテーマに弁護士が解説する「小町の法律相談」も始めました。

「発言小町はおもしろいし、役立つね」という声を励みに、試行錯誤しながらがんばっています。

無料の会員制サービス 読売ID

「読売ID」とは、読売プレミアム、ヨミドクターなど読売新聞のデジタルサイトで共通して使えるログインIDのことです。

読売IDを取得すると、さまざまなプレゼントキャンペーンのほか話題のコンサート、演劇などの限定優待イベントに応募できます。

登録は無料。簡単な手続きですぐに登録できます。

こちらから新規登録できます。

読売新聞購読者向けサービス 読売プレミアム

「読売プレミアム」は読売新聞購読者を対象に、最新ニュースや、ヨミウリ・オンラインで配信していない記事、コラム、漫画、小説などを、スマートフォンやタブレットでも読みやすくお届けする有料サービスです。

朝刊最終版の全紙面がそのまま読める「紙面イメージ(画像)」の機能が付き、東京本社版、大阪本社版、西部本社版、北海道支社版を掲載しています(掲載期間は1週間)。読売新聞は地域ごとに紙面の一部を変えていますので、普段読んでいる新聞とは少し違った紙面が居ながらにして楽しめます。

また、スポーツ新聞の「スポーツ報知」のお勧め紙面や、芸能ニュースを集めた「エンタメ報知」のコーナーもあり、スポーツや芸能の話題が充実。興味ある記事を自動収集する「myニュース」のほか、スクラップ、検索といった、デジタルならでは便利な機能や、コンサートチケットの先行抽選やイベント招待など多彩な特典も用意しています。月額150円(税別)です。

読売プレミアム

医療・健康・介護情報サイト ヨミドクター

医療・健康・介護情報のサイト「yomiDr.(ヨミドクター)」が生まれ変わりました。親しみやすく、頼りになるお医者さんをイメージした新キャラクター「ヨミドック」と、悩みを持つ動物キャラの患者さんも登場。スマートフォンからでも見やすいデザインを採用しました。

スマートフォンでも見やすいヨミドクターの画面
ヨミドクターのパソコン用トップ画面
スマートフォンでも見やすいヨミドクターの画面
スマートフォンでも見やすいヨミドクターの画面

検索も簡単

病気を調べる「医療大全」、治療実績のある病院を探す「病院の実力」、病気・健康についての相談と専門医の回答をまとめた「医療相談室」が一段と使いやすくなりました。病名や症状を入力すれば、同じ画面上で必要な情報を一覧できます。

グーグルなどの検索サービスで、カタカナの「ヨミ」と「気になる病名」を入力すれば、ヨミドクターの記事にすぐたどり着くことが出来ます。病気について知る近道としておすすめします。

充実のコンテンツ

2016年春から、近畿大の谷本道哉先生の実演で学ぶ「筋トレ」が毎月1本のペースで始まりました。認知症予防に有効な「脳トレ」として、国立長寿医療研究センターの島田裕之先生が考案した体操「コグニサイズ」のオリジナル動画も合計40本を順次公開します。

さらに、読売新聞の読者会員の方は、24時間・365日電話による体と心についての健康相談サービス(保健同人社提供)を受けることができます。

全てのコンテンツを閲覧できる有料会員の利用料金は、読者会員、一般会員ともに月額200円(税抜き)です。

スマートフォンでも見やすいヨミドクターの画面
新キャラクターのヨミドック
スマートフォンでも見やすいヨミドクターの画面
「脳トレ」の体操「コグニサイズ」

ヨミドクター

岩永直子
<編集長から>
ヨミドクター編集長 岩永直子(医療部)

「性とパートナーシップ」や、自身もゲイのベテランライターによる「虹色百話」では、セックスレスや性的マイノリティーを巡る様々な問題について、読者の皆さんが安心して意見交換できる場を目指しています。性に関わる悩みは心身の健康に深く関わるにもかかわらず、一人で抱えこんでいる人が多いです。専門家への取材を織り交ぜ、コメント欄もすべて事前確認するなど、真面目に性を語り合えるよう工夫しています。

モバイルサービス

スマートフォンや携帯電話向けの有料サービスを行っています(表示金額は税抜き)。

NEWS読売・報知

NEWS読売・報知(月額80円)は、読売新聞の速報ニュースとスポーツ報知のスポーツ・エンタメニュースをお届けします。

重要ニュースを速報する「号外メール」、地震や津波をいち早くお伝えする「地震メール」など、メール配信サービスが充実しています。

NEWS読売・報知

モバイルGIANTS

モバイルGIANTS(月額200円)は、読売巨人軍の公式サイトです。ボールカウントや打球の方向を速報する「一球速報」で、球場の興奮をそのままお届けします。試合前の選手の表情を伝える「Gフォト」など、ここでしか見られない巨人軍情報も盛りだくさんです。

スマートフォン版には、公式戦のスタメンから試合結果まで、白熱のゲーム展開をメールで速報する「エキサイトコース」(月額300円)もあります。モバイルGIANTSの会員は、NEWS読売・報知を追加料金なしで利用できます。

モバイルGIANTS

スマートフォン版「発言小町」

人気掲示板「発言小町」のスマートフォン向けサイトです。

PC版と投稿内容は共通です。閲覧しやすいデザインのスマホ版では、有料サービス「百円小町」(月額100円)で、マイページなど全てのコンテンツが使い放題になるほか、編集部が選んだオススメの投稿がメールで届くなど、充実の機能を利用できます。NTTドコモの「スゴ得コンテンツ」、KDDIの「auスマートパス」でもご利用いただけます。従来型携帯電話ではimode、ezweb、Y!ケータイ向けの「ケータイ大手小町」をご利用ください。

スマートフォン版「発言小町」

データベースサービス

年間30万件のペースで増える読売新聞の記事を、インターネットで検索、閲覧できる有料サービスを提供しています。研究やビジネスに最適です(利用料は関連ページに掲載しています)。

ヨミダス歴史館

ヨミダス歴史館は、1874年(明治7年)の創刊号以来の1300万件以上の記事を収録しています。明治、大正期の紙面も現代の言葉で検索し、紙面イメージ(画像)で読むことができます。

1986年(昭和61年)以降の記事は、読みやすいテキストデータで提供します。2014年秋には、1933年(昭和8年)以降の地域版の紙面画像を、「昭和の地域版」として追加しました(沖縄県を除く46都道府県分)。

ほかに、英字紙「The Japan News」の89年以降の記事や、約2万6千人分の現代人名録も利用できます。ヨミダス歴史館は国際的に高く評価され、2010年には世界新聞・ニュース発行者協会(WAN-IFRA)の第1回アジア・デジタル・メディア賞において、オンライン・メディア部門の特別賞を受賞しました。

ヨミダス歴史館

ヨミダス文書館、スクールヨミダス、よみうり報知写真館

ヨミダス文書館は、記事の検索・閲覧対象を1986年9月以降の600万件以上に絞ったサービスです。89年以降の英字紙の記事や現代人名録も利用できます。

スクールヨミダスは、ヨミダス文書館を学校教材用に特別価格で提供するサービスです。

よみうり報知写真館は、読売新聞社と報知新聞社のカメラマンや記者が撮影した写真のデータベースで、写真の貸し出しを注文できます。

ヨミダス文書館の画面

記事配信

読売新聞のベテラン記者が重要と判断したニュースをいち早くお届けします。記事は、ヤフーなどのポータルサイト、スマートニュースなどのニュースアプリにも配信しています。

また、航空機内の液晶モニターや東海道新幹線など列車内の電光ニュースの他、テレビ局、ラジオ局のニュース番組向けにも配信され、より多くの方に読売新聞のニュースをお届けしています。英字ニュースのみの配信も可能です。

お問い合わせ先

読売ID、読売プレミアム、ヨミドクター

読売デジタル会員デスク

電話:
03-3246-1200

(月~金曜 9時~18時)

データベースサービス

東京本社メディア局データベース部

電話:
03-3216-8513

大阪本社役員室メディアグループ

電話:
06-7732-0101

西部本社システムメディア本部デジタル・営業

電話:
092-715-4627

(月~金曜 9時30分~17時30分)

記事配信

東京本社メディア局営業部

電話:
03-3217-8209

(月~金曜 9時30分~17時30分)