新聞販売店の仕事

読売新聞の専売店(読売センター=YC)での基本的な仕事の内容や、YCで働きながら学校に通う読売育英奨学生制度をご紹介します。

YCの店舗数は他紙より多く、配達エリアが比較的コンパクトなため、仕事に早くなじめるという利点があります。販売店での勤務をお考えの方は、最寄りの販売店にお問い合わせください。

新聞に折り込みチラシを挟む販売店スタッフ
新聞に折り込みチラシを挟む販売店スタッフ

基本的な仕事の内容

(1)配達

新聞を積んだトラックが販売店に到着すると、新聞の種類や数量を確認します。

折り込みチラシを新聞にはさみ、配達区域ごとに仕分けをします。雨の日には専用の機械で新聞にビニールをかけます。

自転車やバイクなどに新聞を積み込み、担当区域内の読者に対し、毎朝決まった時間に新聞をお届けします。

(2)集金

読者を訪問し、購読料金を集金します。購読特典冊子なども併せて配布します。

(3)営業

新聞購読などをお勧めするため、各ご家庭を訪問します。

(4)エリアマネージメント

配達、集金、営業の仕事を通して、担当するエリアの顧客管理を行います。

読売育英奨学生制度

読売育英奨学生制度は、朝・夕の新聞配達などの業務に就き、学費の支援を受けながら大学や専門学校に通える制度です。1964年(昭和39年)11月に設立され、新聞業界において最も長い歴史があります。これまでに約7万9000人が利用しています。

学校の入学金や授業料は、読売育英奨学会が入学から卒業まで立て替え、その返済は勤務年数に応じて一定額まで免除されます。奨学生には、給与が毎月支給されます。賞与を支給するコースもあります。

また、就職活動の支援策として、奨学生が希望すれば読売育英奨学会理事長の推薦状を発行します。卒業時にはお祝い金も贈ります。

説明相談会を各地で開いています。奨学生制度の実施地域や詳しい内容は、下記のホームページをご覧ください。

エリア 詳細お問い合わせ先
首都圏 読売育英奨学会
札幌地区 札幌地区の読売育英奨学生制度
仙台地区 仙台地区の読売育英奨学生制度
京阪神地区 読売育英奨学会大阪事務局
中京圏 中部読売育英奨学会

奨学生スタッフ紹介

奨学生の誇りと責任持って社会へ

YC藤沢東部(神奈川県)

佐藤 友亮(ともあき)さん(22)

「奨学生だったから『責任感が強い』人間になれた」と話す佐藤さん
「奨学生だったから『責任感が強い』人間になれた」と話す佐藤さん

 湘南地区・YC藤沢東部(阿部茂所長)に入店したのは、2013年3月でした。出身地の秋田県能代市と違い、神奈川県藤沢市は人も多く、原付きバイクでの配達は「怖くて泣きそうになりながら走りました」といいます。

 そのせいか、2か月は約300部の朝刊を配って店に戻ってくるのが午前6時半。お客様から「遅い」と苦情が続き、先輩からも「お客様に迷惑をかけるな」と注意を受けました。何とかしたいと、出発前の準備を早め、のろのろだったバイクも法定速度で走り、1時間短縮できました。苦情はなくなり、先輩も「早くなったな」と声をかけてくれたといいます。「半人前だけど、認めてもらい、うれしかった」。責任の重さを感じ、仕事への思いを新たにしました。

 阿部所長も「元気を表に出すタイプではないが、芯はしっかりしている」と話し、見守ってきました。

 奨学生を選んだのは高校3年の時、学校で読売育英奨学会のポスターを見たからです。卒業後は就職と考えていましたが、自力で進学できると知りました。父、定秋さんは秋田地区・YC能代の店長。「父と同じ仕事で4年間やろう」と決めたそうです。

 ここまで、多くの人に支えてもらいました。阿部所長、先輩は学業のため、仕事に配慮してくれました。大学の友人は、仕事に合わせて集まる時間を決めてくれました。奨学生のアドバイザーの方も、よく電話で気遣ってくれたといいます。お客様もそうです。70歳前後のお客様夫婦は、会うたびに就職活動の悩みを聞き、助言もしてくれました。秋田市のIT企業に内定したことを伝えると、我が事のように喜んでくれたそうです。

 卒業まですでに半年を切りました。「仕事で少しでも恩返ししたいと思います。奨学生だったから『責任感が強い』と言ってもらえる人間になれました。それを裏切らないように働きたいと思います」と決意を語ってくれました。