新聞販売店の仕事

読売新聞の専売店(読売センター=YC)での基本的な仕事の内容や、YCで働きながら学校に通う読売育英奨学生制度をご紹介します。

YCの店舗数は他紙より多く、配達エリアが比較的コンパクトなため、仕事に早くなじめるという利点があります。販売店での勤務をお考えの方は、最寄りの販売店にお問い合わせください。

新聞に折り込みチラシを挟む販売店スタッフ
新聞に折り込みチラシを挟む販売店スタッフ

基本的な仕事の内容

(1)配達

新聞を積んだトラックが販売店に到着すると、新聞の種類や数量を確認します。

折り込みチラシを新聞にはさみ、配達区域ごとに仕分けをします。雨の日には専用の機械で新聞にビニールをかけます。

自転車やバイクなどに新聞を積み込み、担当区域内の読者に対し、毎朝決まった時間に新聞をお届けします。

(2)集金

読者を訪問し、購読料金を集金します。購読特典冊子なども併せて配布します。

(3)営業

新聞購読などをお勧めするため、各ご家庭を訪問します。

(4)エリアマネージメント

配達、集金、営業の仕事を通して、担当するエリアの顧客管理を行います。

読売育英奨学生制度

読売育英奨学生制度は、朝・夕の新聞配達などの業務に就き、学費の支援を受けながら大学や専門学校に通える制度です。1964年(昭和39年)11月に設立され、新聞業界において最も長い歴史があります。これまでに約7万9000人が利用しています。

学校の入学金や授業料は、読売育英奨学会が入学から卒業まで立て替え、その返済は勤務年数に応じて一定額まで免除されます。奨学生には、給与が毎月支給されます。賞与を支給するコースもあります。

また、就職活動の支援策として、奨学生が希望すれば読売育英奨学会理事長の推薦状を発行します。卒業時にはお祝い金も贈ります。

説明相談会を各地で開いています。奨学生制度の実施地域や詳しい内容は、下記のホームページをご覧ください。

エリア 詳細お問い合わせ先
首都圏 読売育英奨学会
札幌地区 札幌地区の読売育英奨学生制度
仙台地区 仙台地区の読売育英奨学生制度
京阪神地区 読売育英奨学会大阪事務局
中京圏 中部読売育英奨学会

奨学生スタッフ紹介

笑顔が印象的なムードメーカー

YC亀有北口(東京)

イヒエ秀明クティーさん(19)

順路帳を確認するイヒエさん
順路帳を確認するイヒエさん

 いつも元気で人懐っこい笑顔で頑張っています。集金スタッフも、お客様から「彼の笑顔がいいね」とお褒めの言葉をいただくそうで、本当に笑顔が印象的な青年です。

 2014年の夏休み、現在学ぶ読売自動車大学校のオープンキャンパスで、読売育英奨学生を知ったそうです。小学生の妹弟2人がおり、両親に負担をかけずに働きながら、自動車の仕事を学ぶことができると、希望しました。そして、2015年3月9日、墨東地区・YC亀有北口に入店。朝刊260部、夕刊170部を受け持っています。

 配達は、商店や住宅が密集しているため、自転車で行っています。「入って2、3か月は足が筋肉痛になってつらかった」と振り返ります。でも、仕事を教えてくれた先輩の真剣な姿を見て、自分に甘えず仕事に打ち込もうと誓いました。

 しかし、仕事に慣れた頃、気の緩みか配達が遅くなり、お客様から注意を受けてしまいました。

 それを引きずっていた2015年8月、奨学生になった喜びを感じることがありました。夕刊配達中、住宅の前で60歳前後の男性が待っていました。「遅い」と怒られるのかと思っていたら、笑顔で「ありがとう」と言って受け取ってくれたのです。お客様が自分のことを見守ってくれていることを知り、「うれしくて泣きそうになった」。仕事を一生懸命しなければという思いが強まりました。
 
 YC亀有北口の大隅隆弘所長は「仕事を覚えるのも早く、常に前向きで、彼が入って店が明るくなった。このまま育ってほしい」と期待しています。
 
 「学校に入り、車の仕事に就きたいという気持ちがさらに強まった。もっと勉強したい」。その思いで、良きライバルという同じ学校に通う同期の奨学生と仕事に勉学にと励む日々です。