全国広報コンクール 入賞作が決まりました(2019年4月25日)

自治体の優れた広報紙やホームページなどを対象にした2019年「全国広報コンクール」(日本広報協会主催、内閣府、総務省、読売新聞社後援)の入賞作が発表されました。

 各部門トップの「特選」の中から最も優秀な自治体に贈られる「内閣総理大臣賞」は2年連続で広報紙町村部の愛媛県内子町に決まりました。

 巻頭特集では、ふるさとの味を守ろうと20年間、農産物加工品の製造・販売を続ける平均年齢80歳の女性グループを紹介。生き生きと活動する女性5人の姿を通して、地域の食文化をいかに守り、次の世代に残していけば良いかを考える内容にまとめた点が評価されました。

 その他の特選には「総務大臣賞」が、住民の視点を大切にした作品には「読売新聞社賞」が贈られます。表彰式は6月7日(金)、北九州市で開かれます。

 審査結果は以下の通りです。

内閣総理大臣賞

広報紙

【町村部】

内子町(愛媛県) 『広報うちこ』(2018年12月号)

総務大臣賞

広報紙

【都道府県・政令指定都市部】

青森県 『県民だよりあおもり』(2018年8月号)

【市部】

姶良市(鹿児島県) 『広報あいらAIRAview』(2018年9月号)

ウェブサイト

【市部】

大分市(大分県)

【町村部】

長泉町(静岡県)

広報写真

【一枚写真部】

涌谷町(宮城県) 『広報わくや』(2018年5月号・表紙)

【組み写真部】

安来市(島根県) 『広報やすぎ どげなかね』

映像   

小美玉市(茨城県) 『小美玉ヨーグルトストーリー』

広報企画

京丹波町(京都府) 『町民×CATV×大学
                みんながつくる 安心ほっとな防災情報の発信』

※「広報紙 町村部」は、内閣総理大臣賞のため、総務大臣賞の授与はなし。
※「ウェブサイト 都道府県・政令指定都市部」については該当団体なし。
※内子町の内閣総理大臣賞受賞は2年連続。同一団体の連続受賞は初めて。過去に2回内閣総理大臣賞を受賞した団体は、岡山県真庭市【2008年、1995年(旧 久世町)】岩手県藤沢町【現 一関市:2009年、2007年】、福岡県福智町【2006年、2004年(旧 赤池町)】

読売新聞社賞


 地域のニュース、人物等を積極的に取り上げ、住民の目線を生かした、特に優れている作品を対象に各部門から一点ずつ選定した。

広報紙

【都道府県・政令指定都市部】

京都市 『きょうと市民しんぶん』(2018年5月1日号)

【市部】

島田市(静岡県) 『広報しまだ』(2018年11月号)

【町村部】

広川町(和歌山県) 『広報ひろがわ』(2018年12月号)

ウェブサイト

【都道府県・政令指定都市部】

広島県

【市部】

富田林市(大阪府)

【町村部】

香春町(福岡県)

広報写真

【一枚写真部】

川西市(兵庫県) 『広報かわにしmilife』(2018年12月号・表紙)

【組み写真部】

平戸市(長崎県) 『広報ひらど』(2018年3月号・12~13ページ)

映像

霧島市(鹿児島県) 『目指せ褒め合うまち!キリシマイスター』

広報企画

群馬県 『群馬HANI-1(はにわん)グランプリの開催
           ~『埴輪県群馬』を全国に発信!~』

  1. 部門別審査結果はこちらをご覧ください(131.0 KB)