高円宮杯全日本中学校英語弁論大会

高円宮杯全日本中学校英語弁論大会は、日本の将来を担う若者たちの英語の上達と国際親善を目的に、1949年に始まりました。65年以上の歴史と伝統を誇る国内最高峰の大会で、第1回から第50回までは高松宮杯、第51回以降は高円宮杯として開催されています。
 出場する中学生は、自分の意見や主張を制限時間5分以内でスピーチします。各都道府県大会を勝ち抜いた生徒は東京で行われる中央大会に進出し、1位には大会名誉総裁の高円宮妃久子さまから賜杯が授与されます。

2020年の大会は中止になりました。

主催:
読売新聞社、日本学生協会(JNSA)基金
後援:
外務省、文部科学省、日本放送協会(NHK)ほか
特別協賛:
協賛:
東進ハイスクール・東進衛星予備校
日本テレビ放送網、三菱商事、ぺんてる、ワールド・ファミリー、ANAホールディングス、国際ソロプチミスト東京-東、ECC
(以上、高円宮杯第71回全日本中学校英語弁論大会)

問い合わせ先

窓口 電話番号 備考
高円宮杯事務局 03ー3217ー8393
-

第71回大会の結果発表

高円宮杯第71回全日本中学校英語弁論大会が11月29日、大会名誉総裁の高円宮妃久子さまをお迎えして、東京都千代田区のよみうりホールで開かれた。
 予選を勝ち抜いた上位27人が競った決勝大会では、和歌山県代表の開智中学校3年・沢井真夏波(まかは)さんが見事なスピーチを披露して1位に輝いた。
 次期学習指導要領でも力点を置く英語の「話す」技能をどのようにして伸ばしていくか。主催者として大会の企画・運営に当たった日本学生協会基金の大学生4人と、東進ハイスクール講師で文部科学省の「英語教育の在り方に関する有識者会議」委員も務めた安河内哲也氏が、議論を交わした。

 その他の主な入賞者は次の通り(敬称略)。

2位 山田悠翔(埼玉・蕨市立東中2年)
3位 高橋利里愛(宮城・栗原市立栗原南中3年)
4位 キム・イェイル(石川・北陸学院中3年)
=アイルランド大使館賞も受賞
5位 高橋南帆(千葉・千葉市立稲毛高付属中3年)
6位 松井きらら(東京・聖心女子学院中等科3年)
=ワールド・ファミリー賞も受賞
7位 三林心温(京都・ノートルダム女学院中3年)

(2019年12月16日 読売新聞)