第70回全国小・中学校作文コンクール 文部科学大臣賞3点の要約

 文部科学大臣賞3点を要約して紹介します。(敬称略)

中学校

「かけがえない命をそっと~名前がつなぐもの~」
宮城県仙台二華中2年 太齋純香(ださい・すみか)

 6月中旬。私は、祖父の生家のある宮城県白石市の越河(こすごう)へと向かっていました。少し不安で、怖いけれど。この木々のトンネルを抜けた先に、「私」を見つけにいくために。

 「ださい」。私はこの苗字(みょうじ)に、嫌な思いを抱えてきました。小さい頃は名前を聞かれた時、「純香」とだけこたえていたことを覚えています。苗字が恥ずかしかったからです。自分の名前に自信を持つことができなかったのです。

 名前はラベルになる。どこまでも貼り付いてくる。一方で名前なんて重要じゃない、自分は自分だ、と思いたい。二つの考えは、いつも私の中でせめぎ合ってきました。

 祖父が住んでいた家の前に「太齋館(たて)」という館跡があるらしいと知ったのは、私が自分の名前と真剣に向き合いたい、と思い始めた頃でした。館があった山を見てみたいという好奇心から、私は越河へ向かうことを決意しました。

 道路端に「片倉小十郎」と書かれた旗がありました。小十郎は戦国武将・伊達政宗の重臣で、その一帯をまとめていました。片倉家は代々、小十郎を襲名したそうです。先代の名誉や精神を受け継ぎ、気持ちを新たにするという願いからです。名前は人と人との絆の役割も果たしていたのです。そして、太齋という武将が片倉家に仕えていたと、祖父が教えてくれました。

 館を守っていたその武将の子孫が越河に住むようになったのではないか。祖父が昔、文化財保護委員長をしていた片倉小十郎の十五代目から、そう教わったそうです。

 祖父が小中学生の頃は、戦争の真っただ中でした。みんなが生きるのに精いっぱいだったそうです。

 「小さい頃を思い出すよ、必死に畑仕事をしていた時に見えていた山とか」

 祖父はじっと館のあった山の方を見上げていました。

 苗字には先祖の確かな存在を、まだ見ぬ子孫へとつなげていく役割もあるのではないか。下には親の願いのこもった名前がある。私はいつの間にか、自分の名前をいとおしく思い、名前に自信が持てるようになっていました。

 それは、先祖の歴史を知り、命をつないでくれた地を訪れ、その風を肌で感じることができたからです。彼らと血がつながって、今ここに生きている。それを苗字が証明しているということが、とてもすてきに思えたからです。

 名前は他者との関係の間に成り立つのだと思います。名前を呼んでくれる、いとおしんでくれる家族や友達がいるからこそ、私は私でいられるのだと思います。いつも笑顔で声を掛けてくれる友達にもまた、名前があるのです。

 名前は、相手を認識する初めの情報です。その人や、その人を大切に思う人々を理解するための鍵でもあります。これまで避けてきた、名前についての話題。今は、それを話してみることで、周りの人のことをもっと好きになれるような気がしています。自分のことも、きっと好きになれると信じています。

 私は、自分の名前に自信をもって、これからの人生を歩んでいきたいと思います。

 私の名前は太齋純香です。あなたの名前は何ですか?(指導・畠山大輔教諭)


  謎解きの旅 心の変化表現【講評】 作品は、祖父の生家のある町に向かう旅の場面から始まります。この旅は、太齋さんの長年の葛藤の種であった「太齋(ダサイ)」という名前の謎解きの旅でした。まず、太齋さんの巧みな情景描写に引き込まれます。更に、太齋さんの心の変化が実に鮮やかに表現されていることも、この作品の魅力を高めています。(新藤久典)

小学校高学年

「不安が確信に変わるとき」
スイス・チューリッヒ日本人学校補習校6年 八木友美(やぎ・ともみ)

 日本語だけの世界に生まれていたら、もっと楽に生きられたかもしれないと思っていた。私が生まれたスイスは4か国語が公用語。私が住むチューリヒはドイツ語だ。私は何年たってもドイツ語が話せなかった。「モニョモニョ。ゴニョゴニョ」。何を言っているのか全くわからない。

 入学した小学校で、私がドイツ語を一言も話さないことが問題になった。個人レッスンを受けても、全く話せるようにはならなかった。

 2年生の終わりに、私は学校から留年をすすめられた。もう1回2年生をするなんて、なんかくやしい。だけど、両親は、「ぜひお願いします」と即答したらしい。

 次の日、母は図書館から30冊の絵本を借りてきた。
「友ちゃんはバカじゃないよ。単語の意味がわからないだけ。1日1冊ドイツ語の絵本を読んでいこうね」

 その日から、私はドイツ語の絵本を声に出して読んだ。1行読むのに何回も辞書をひき、何分もかかった。単語を忘れる度に、母に意味を聞いた。毎日読み続けて、私の頭の中にドイツ語の言葉が残っていくのを感じ始めた。

 しばらくたったある日、学校で先生に「Kannst du das machen?(これをしてくれない)」とお願いされた。

 その時、私の頭にある絵本のページが浮かんできた。先生が話した言葉と同じ文章が書いてあったのだ。耳にした文章が初めて頭の中に残った。初めて先生が話したことが理解できた瞬間だった。

 私は、胸につかえていた物が流れていくのを感じた。言葉が理解できないまま大人になったらどうしよう。いつも心の片すみに不安の塊のかけらが座っていた。でも、先生の言葉を理解できた日にそのかけらは流れていき、心に希望の光が灯(とも)った。絶対に話せるようになれると確信した。

 その日からドイツ語の本を毎日、必死に読み続けた。読書量が増えると友達の話がどんどん聞き取れるようになった。意味がわからないときは、その場できくと、すぐに教えてくれた。音がきれいに聞き取れるようになり、先生や友達に質問ができるようになると、私のドイツ語の世界は、どんどん広がっていった。

 そして2年間で600冊以上のドイツ語の本を母と読み終えたとき、学校のドイツ語のテストで初めて百点を取ったのだ。嬉(うれ)しくて、嬉しくて万歳しながら家に帰った。
 今年の7月。学校のドイツ語の作文コンクールで、私は優勝した。これも日本語で書き続けた日記と、山のように読んだ読書の成果だと思う。

 簡単には話せるようにならない語学。でも、きっと努力すれば、みんな話せるようになるんだと思う。

 早く日本に住みたいと思っていたけど、今はこちらの生活も悪くないと思う。努力した分だけ楽しいことが待っているとわかったから。英語もフランス語も話せるようになると、もっともっと新しい世界を見られるかもしれない。(指導・吉冨ゆかり教諭)

 光さす瞬間 読み手も共有【講評】 耳で聞いた音と、頭の中の文章がむすびつき、意味が理解できたときの感覚を、みごとな表現力で描いています。言語を学ぶことの難しさとおもしろさを体験し、言葉が世界を広げることを実感した八木さん。長い苦しみのあとに光がさす瞬間を、読み手も共有することができる、感動的な作文です。(梯久美子)

小学校低学年

「ふつうになりたい」
盛岡市立桜城小1年 山田永菜(やまだ・えな)

 わたしには、にがてなことがたくさんあります。はったつしょうがいがあって、かんかくかびんがあるからです。

 うちあげはなびは、ばくだんのおとみたいです。おねえちゃんたちのうんどうかいも、よーいどんのピストルのおとがこわくて、いっぱいおうえんできません。においもにがてです。レストランでは、ハンバーグやカレーのにおいがまざってきもちわるくなり、はいてしまいます。

 がっこうにはいっていちばんのしんぱいはきゅうしょくでした。きょうしつでぐあいがわるくなったらせんせいもこまるし、みんなのきゅうしょくもおそくなります。わたしはさいしょ、しゅうかいしつでたべました。すこししてからみんなといっしょにたべたい、とそうだんしました。

 しがつのさいごに、はじめてきょうしつできゅうしょくをたべました。くすりをつくえのうえにおいて、かんしょくしました。きゅうしょくとうばんにもちょうせんし、ともだちとふたりでぎゅうにゅうをはこびました。じしんがついてきたようなきがして、うれしくなりました。

 こころがモヤモヤして、おとがたくさんきこえてきて、たんにんのまりせんせいのこえがきこえないときは、せんせいがつくってくれたハートのカードをつかいます。ほけんしつでやすみたい、のカードです。ほけんしつでおはなしするとつぎのじかんにはきょうしつにもどれます。

 ねんちょうぐみのとき、おかあさんが、えなにははったつしょうがいがあるんだよ、とおしえてくれました。

 でも、なんでわたしだけみんなとおなじようにできないの、そとでごはんがたべられないの、とイライラします。

 わたしだけ。わたしばっかり。わたしは、ふつうになりたいです。テストでひゃくてんがとれなくても、かけっこでいちばんになれなくてもいい。みんなとおなじことが、ふつうにできるようになりたい。ヘッドホンをつかわないではなびをみたい、くすりをのまずにレストランでごはんをいっぱいたべたいです。

 イライラしたときは、おかあさんが「えなのせいじゃない。びょうきのせいよ」といってくれたことをおもいだす。すると、イライラがなくなります。おかあさんがおしえてくれたから、じぶんがわるくないっておもえました。

 はなしたいことがいっぱいうかんで、なにからはなしたらいいかわからなくてだまってしまうときは、おねえちゃんとおかあさんがつくってくれたきもちのカードで、かなしいとかこまってるとかをゆびでつたえます。おかあさんは、きもちはもじでかくといいよといってくれました。

 しょうがいだからあきらめるんじゃなくて、しょうがいだからがんばります。だって、らいねんはおとうとがにゅうがくします。おとうとのステキなせんぱいになりたいです。だからせんせいと、おかあさんとかぞくとこれからもがんばりたいです。(指導・高橋真理教諭)


 何が大変かていねいにつづる【講評】小学校入学はだれでも緊張するもの。他人からはわかりにくい障害を持っていればなおさらです。でも山田さんは何がつらくて大変かをていねいに綴りました。心の不安も冷静に、希望と決意は力強く記しました。どうすれば人はわかりあえるかのヒントを、この作文から学びました。(石崎洋司)

(2020年12月3日 読売新聞)