第15回ニューエルダーシチズン大賞が決まりました(2015年10月15日)

社会とかかわり、生き生きと活躍する70歳以上の高齢者を表彰する「第15回ニューエルダーシチズン大賞」が決まりました。(敬称略)

 対象は、1945年(昭和20年)4月1日以前に生まれた人で、地域のためのボランティア活動や趣味などの分野で意欲的に挑戦を続ける70歳以上の男女。自薦・他薦は問わず、活動に関する400字詰め原稿用紙5枚以内の作文と、活動が分かる写真をもとに選ばれました。

  • 【ニューエルダーシチズン大賞】
  • 若宮正子(80)=神奈川県藤沢市

  • 【読売新聞社賞】
  • 桶谷敦(75)=宮城県石巻市

  • 【入賞】
  • 加茂壮二(71)=埼玉県鶴ヶ島市
  • 北林昭三(73)=千葉県八千代市
  • 久保田正子(79)=東京都日野市
  • 鈴木貞子(98)=名古屋市
  • 鈴木安雄(84)=東京都国立市
  • 竹原由紀子(79)=宮崎県都城市
  • 辻ミツヱ(86)=奈良市
  • 野村幸治(73)=奈良県高取町

受賞者の詳しい活動はこちらをご覧ください。


  • 審査員長=日野原重明(聖路加国際病院名誉院長)
  • 審査員=落合恵子(作家)、毒蝮三太夫(タレント)、長尾立子(全国老人クラブ連合会顧問)、若林之矩(前・明治学院理事長)、猪熊律子(読売新聞東京本社社会保障部長)
主催:
読売新聞社
後援:
厚生労働省
協力:
高齢社会NGO連携協議会、全国老人クラブ連合会