「第1回生命を見つめるフォト&エッセー」入賞者決まりました(2018年2月14日)

「第1回生命(いのち)を見つめるフォト&エッセー」に、フォト部門2206点、エッセー部門1115編の応募作品があり、入賞者が決定しました(敬称略)。


◆フォト部門
【厚生労働大臣賞】逵中美知子(三重)
【日本医師会賞】大野武(徳島)
【読売新聞社賞】富士本晃(北海道)
【審査員特別賞】柴侑貴(沖縄)
【入選】伊藤孝(北海道)▽金指栄一(神奈川)▽丹羽賢一(宮城)▽戸崎安司(千葉)▽西本睦子(滋賀)

◆エッセー部門・一般の部
【厚生労働大臣賞】重信雅美(東京)
【日本医師会賞】渡辺惠子(徳島)
【読売新聞社賞】小川かをり(東京)
【審査員特別賞】馬場広大(鹿児島)
【入選】坂口有美子(東京)▽平井真帆(埼玉)▽御代田久実子(東京)▽森田欣也(愛媛)▽八木房子(愛媛)

◆同・中高生の部
【最優秀賞】河野未実(東京)
【優秀賞】穴田未優(千葉)▽古泉修行(新潟)▽下萩南耀(東京)

◆同・小学生の部
【最優秀賞】横山紗来(兵庫)
【優秀賞】石野美宙(東京)▽新池谷悠(群馬)

主催:読売新聞社、日本医師会
後援:厚生労働省
協賛:東京海上日動、東京海上日動あんしん生命