第48回医療功労賞 全国表彰者の横顔

 地域の医療や福祉、難病患者や海外医療の支援に尽力した人を表彰する「第48回医療功労賞」(読売新聞社主催、厚生労働省、日本テレビ放送網後援、損保ジャパン日本興亜協賛)の中央表彰者10人が決まった。国内部門7人と海外部門3人の横顔を紹介する(敬称略)。年齢は2020年3月現在。

国内部門

震災に負けず診療続ける 

  • 吉澤熙  83 医師

  •  1985年に義父の診療所を継いだ。以来、地域の内科医として住民の健康を守ってきた。専門は内視鏡検査。1日に10件以上の検査をすることもあり、胃がんや大腸がんの早期発見に努めた。

  •  東日本大震災による津波で、診療所と自宅を失ったが、翌々日から避難所を巡回。DMAT(災害派遣医療チーム)と共に設置した救護所で診療にあたった。4か月後にはプレハブの仮設診療所を作り、翌年、診療所を再建した。

  •  昨年6月、脳 梗塞こうそく で倒れた。現在は長男が診療し、復帰を目指してリハビリに励む。〈岩手県陸前高田市〉

ALS患者らに寄り添う

  • 小林義文 61 理学療法士

 全身の筋肉が衰える筋 萎縮いしゅく 性側索硬化症(ALS)など難病患者の支援をしてきた。

 青年海外協力隊員として25歳でマレーシアへ。障害者のリハビリ支援活動で、ALSとみられる女性に出会い、帰国後、理学療法士として働きながら支援を始めた。1990年の「日本ALS協会福井支部」の設立に携わった。ボランティアで家族らの相談に乗り、手指が動かなくなった患者と意思疎通できる機械の普及に尽力。福井県難病支援センター相談員の傍ら、患者同士で経験や思いを話し合う活動に取り組む。〈福井県坂井市〉

障害児1000人以上を診る

  • 口分田政夫 62 医師

 重症の心身障害児を診る医師が少ない時代から30年以上、1000人を超える人の診療や生活支援をしてきた。

 医学生時代に障害児と交流するサークルに入った。意思疎通が難しそうでも、自分の世界を持っていることに気づいた。1984年から重症心身障害者施設「びわこ学園」(現びわこ学園医療福祉センター草津)に勤務、91年からは施設長を務める。

 発達障害の人のケアや、高齢の障害者の緩和ケアにも力を入れる。2015年に診療・看護の実践マニュアルを出版。医学生や看護学生向けの授業も担当する。〈滋賀県野洲市〉

難病患者の在宅療養支援

  • 市川桂二 74 医師

 パーキンソン病や筋 萎縮いしゅく 性側索硬化症(ALS)などの治療に携わった。

 米国留学を挟み、兵庫県立病院で勤務。1995年から県難病相談センターの副所長、所長として、年4000件の診療や生活相談を行った。患者が安心して在宅療養生活が送れるように、県内の医療機関のネットワーク構築を先導した。約400機関が関わり、重症患者の円滑な入院や、家族が休息するための「レスパイト(休息)入院」が可能になった。

 定年退職後も、同県明石市で診療を続ける。〈兵庫県芦屋市〉

小豆島で医療・健康に尽力

  • 吉元和子 61 看護師

 昨年春、公立病院を定年退職するまで約30年、香川・小豆島の住民の医療や健康増進に力を尽くした。病棟勤務だけでなく、訪問看護にも従事。巡回診療や、高齢者向けの健康教室を始めた際には計画段階から参加した。フェリーの中で、出前講座を開いたこともあった。島内の二つの公立病院が統合し、小豆島中央病院ができた2016年、初代の看護部長に就任。交流や連携のあまりなかった両病院のスタッフをまとめた。

 非常勤看護師として同病院で勤務する傍ら、人材育成、確保に奔走している。〈香川県小豆島町〉

巡回健康相談 町内を奔走

  • 川野公江 69 保健師

 35年間、徳島県神山町の健康作りに奔走した。巡回健康相談を町内31か所で毎月開催。また、町内を70~80人で歩く「健康ウォーク」を始めた。

 精神障害者の社会参加の機会を増やすため、ソーシャルクラブを創設。小規模作業所の設立にも携わった。高齢者の保健事業ではボランティアの介護サポーターや、認知症サポーターの養成に取り組んだ。

 退職後の2016年、NPO法人「生涯現役応援隊」活動を開始。無料の介護相談、地域の高齢者が集まるサロンの運営、体操指導などをしている。〈徳島県神山町〉

リハビリ患者励まし50年

  • 大西芳輝 73 理学療法士

 50年にわたり、病院や地域などでリハビリに励む人を支えた。

 鹿児島県霧島市や日置市の病院に勤務しながら、地域住民らに介護方法について講義をした。専門職がいない離島や山村にも赴き、病気やけがの後遺症に悩む住民を支援してきた。

 同県薩摩川内市の離島・ 上甑かみこしき 島では、自主的に行えるリハビリを指導。沖永良部島では介護教室の講師を務めた。2005年までの17年間は、県理学療法士協会の副会長を務め、県内のリハビリの質の向上に貢献した。現在も、若い理学療法士らの相談に乗る。〈鹿児島県霧島市〉

海外部門

紛争、災害 子どもの心支える

  • 桑山紀彦 57 医師

 パレスチナ自治区などで活動を続けてきた。「心の傷と向き合う子どもの存在を知ってほしい」と語る。

 精神科医として経験を積み、1994年、ノルウェーに留学。トラウマ(心的外傷)を抱えた人を支える心理社会的ケアを学んだ。主宰するNPO法人「地球のステージ」で2003年から、紛争が続くパレスチナ自治区で活動。外務省の資金援助で、今も年に2、3回赴き、現地スタッフと連携して年約240人の子どもの支援をしている。

 心に傷を負った子どもは、記憶が抜けていたり、混乱していたりする。PTSD(心的外傷後ストレス障害)の状態にもなる。絵や工作、音楽などを通して自分の体験と向かい合い、体験を表現する手助けをしてきた。

 11歳の女の子は粘土で赤い女性を作った。2歳の頃、爆撃で亡くなった母親だ。「血まみれで死んだ」と聞かされ、悪夢に苦しんでいた。徐々に母の死を語れるようになり、2年後、この女の子と一緒に映画「ふしぎな石~ガザの空」を制作した。魔法の石を集めて母親からのメッセージを受け取る話だ。

 「心の深い傷は、時間がたっても、触れずにそっとしておいても治らない。憎しみだけが残る。つらい体験に向かい合い、自分の中に取り込むことで初めて前を向ける」。17歳になった女の子は、宇宙飛行士になる夢を持つまでに元気になった。

 11年の東日本大震災では、NPOの拠点があった宮城県名取市のクリニックが被災した。救護活動をしながら、3か月後には同市 閖上ゆりあげ 地区で活動を始め、55人の子どもたちが体験を絵や音楽で表現するのに寄り添った。

 18年からは、南スーダン難民が押し寄せるウガンダ北部で活動を始めた。神奈川県海老名市のクリニックでは、不登校児らのケアにあたる。〈パレスチナ自治区〉

アジア・アフリカ 結核調査

  • 小野崎郁史  61 世界保健機関(WHO)医務官

 アジア・アフリカの25か国以上で結核の詳細な実態調査をした。世界の結核有病率の推計を上方修正し、この地域の患者発見のための援助活動が強化された。

 2003年まで4年間、カンボジアで、対象集落の人全員にレントゲン検査を実施。従来の推測よりも感染者が多いことがわかった。調査は同国の結核対策の基礎になり、確実な服薬支援につながった。

 07年からWHOに勤務。アジア・アフリカ各国の山間部やスラム地域などを調査した。16年からはミャンマーに拠点を移し、調査研究や診療に尽力している。〈ミャンマー〉

妊産婦死亡率低下に貢献

  • 仲佐保 65 医師

 国立国際医療研究センター職員の立場で、エチオピアなど8か国で延べ12年以上、医療支援をしてきた。調査などでの派遣も26か国計51回に上る。

 タイのカンボジア難民キャンプで、地雷などで負傷した人の治療にあたった。ボリビアでは外科医の研修プログラムを構築した。ホンジュラスでは母子保健に関わる人材の育成や検査体制の整備などを行い、妊産婦死亡率の低下に貢献した。

 2018年から国際協力機構(JICA)の一員として、コンゴ民主共和国でエボラ出血熱制圧活動をしている。〈コンゴ民主共和国ほか〉