医療功労賞

医療功労賞は、山間部や離島、発展途上国など、厳しい環境のもとで長年、地域に密着した活動を続けてきた医療従事者を表彰しています。1972年に始まって以来、これまで4500人を超える医療関係者を顕賞して参りました。1983年からは、中央表彰受賞者が例年天皇皇后両陛下に拝謁を賜っている歴史と名誉ある表彰事業です。

主催:
読売新聞社
後援:
厚生労働省、日本テレビ放送網
協賛:
損保ジャパン、アインホールディングス

応募について

第50回募集要項

募集対象

過疎地域や離島、被災地など国内外の困難な環境下で、地域住民の健康増進・疾病予防・治療業務に献身的に携わっている医療従事者。もしくは、障がいを持った方や難病者の支えとなる活動を行っている医療・福祉・介護分野の関係者

応募締め切り

2021年9月15日(水) 国内部門
     10月6日(水) 海外部門

表彰

中央表彰受賞者(国内・海外部門合わせて10名)には、厚生労働大臣賞(表彰状)、読売新聞社賞(メダル)、日本テレビ放送網賞(記念品)、および副賞として賞金100万円を贈呈します。都道府県表彰受賞者(各都道府県につき上限2名)には、表彰状および記念品を贈呈します。

応募先・応募方法

下部のリンクにある募集要項をご参照ください。

募集要項はこちら(947 KB)

    候補者同意書はこちら(88 KB)
    (国内部門各団体および海外部門各団体向け)候補者推薦書はこちら【Excel】
    (国内部門・都道府県担当者および海外部門各団体向け)推薦候補者個人表はこちら【Excel】

      問い合わせ先

      窓口 電話番号 備考
      読売新聞東京本社次世代事業部・医療功労賞事務局  (平日午前10時~午後5時) 03-3216-8598
      【あて先】〒100-8055 東京都千代田区大手町1-7-1 読売新聞東京本社次世代事業部・医療功労賞事務局 【メールアドレス】 jdai@yomiuri.com

      第49回の全国表彰者10人を発表

      国内外の厳しい環境下で医療活動に従事し、地域住民を支えてきた10人を表彰します。

      全国表彰者10人をご紹介します

      • 【国内部門】
        鈴木孝徳(医師、千葉)
        丸本文子(准看護師、香川)
        伊藤清明(理学療法士、秋田)
        大谷宏明(医師、広島)
        島田照三(医師、兵庫)
        月野隆一(医師、大阪)
        松浦範夫(医師、愛媛)
        殿谷加代子(保健師、徳島)
        瀬尾研一(医師、北海道)
        青山賢治(理学療法士、愛知)

        (敬称略)

      (2021年3月3日 読売新聞)

      過去の記録

      第48回医療功労賞 全国表彰者の横顔

      第47回医療功労賞 全国表彰者の横顔

      第46回医療功労賞 全国表彰者の横顔