よみうり子育て応援団大賞

よみうり子育て応援団大賞は、民間の子育て支援活動を顕彰し、サポートするために2007年に設けました。読売新聞社は、子育てを応援する取り組み「よみうり子育て応援団」を進めています。受賞団体には専門家を派遣してアドバイスしてもらうなど、子育て支援活動を継続的にサポートしています。

 第15回よみうり子育て応援団大賞の募集が始まりました。詳細は以下の通りです。応募をお待ちしています。
 

主催:
読売新聞社

  1. 募集要項はこちらからどうぞ(6.3 MB)
  2. 応募用紙はこちらからどうぞ※エクセルのバージョンによってはうまく記入できないことがあります。その場合は用紙を印刷し、手書きで記入して郵送またはファクスで お送り下さい.(41.4 KB)
  3. 応募用紙・別紙はこちらからどうぞ(13.3 KB)

応募について

第15回募集要項

募集対象 子育てに関連した実践活動に取り組んでいる国内の民間グループや団体。活動年数やメンバー数は問わない。
募集期間 2021年6月9日(水)必着

表彰

 実績および、活動の独自性を評価する「大賞」(賞金200万円、1団体)と、将来性や支援の必要性を重視する「奨励賞」(賞金100万円、2団体)。別に、応募団体の中から選考委員特別賞(賞金20万円)を選ぶ。

応募先

 応募用紙(このページ上部にエクセルのリンクがあります)に記入し、下記の「お問い合わせ先」へお送りください。ファクス、メールでも受け付けています。

問い合わせ先

窓口 電話番号 備考
「よみうり子育て応援団大賞」事務局 06-6881-7228(平日9:00~17:00)
ファクス06-6881-7229
〒530・8551(住所不要)読売新聞大阪本社「よみうり子育て応援団大賞」事務局宛。メールはtaisyo@yomiuri.comへ。

備考

【選考委員長】
  子安増生氏 京都大名誉教授
 【選考委員】(50音順)
  大日向雅美氏 恵泉女学園大学長
  山縣文治氏 関西大教授
  吉永みち子氏 ノンフィクション作家

第14回の受賞者

民間の優れた子育て支援活動を顕彰し、サポートする「よみうり子育て応援団大賞」の第14回受賞団体が決まりました。表彰式は、新型コロナウイルスの感染防止のため中止します。

■大賞(賞金200万円)
 NPO法人桂公園こどもランド(渡辺真人理事長、新潟県十日町市)
■奨励賞(同100万円)
 ▽NPO法人とりで(金本秀韓理事長、山口県岩国市)
 ▽谷口さんちの「うさぎの庭」(谷口広子代表、京都府亀岡市)
■選考委員特別賞(同20万円)
 ▽NPO法人日本ホスピタル・クラウン協会(大棟耕介理事長、名古屋市中村区)
 ▽豊田市男性保育師連盟(末広俊一代表、愛知県豊田市)