花森安治の仕事―デザインする手、編集長の眼 9月2日から岩手で

 戦後を代表する雑誌「暮しの手帖」の名編集長、花森安治(1911~78年)の生涯と活動を、自身が手がけた表紙原画、原稿、カット、写真、広告、紙面レイアウト、装丁など約740点の資料を通して紹介します。

【花森安治の仕事】中吊り広告「暮しの手帖 1世紀99号」 デザイン:花森安治、1969年2月 世田谷美術館蔵
【花森安治の仕事】中吊り広告「暮しの手帖 1世紀99号」 デザイン:花森安治、1969年2月 世田谷美術館蔵

日程・会場

日程

2017年09月02日(土)~ 2017年10月15日(日)

会場

岩手県立美術館

【住所】
岩手県盛岡市本宮字松幅12-3
開館時間 午前9時30分〜午後6時(入館は午後5時30分まで)
※9月22日は午前9時30分~午後9時(入館は午後8時30分まで)
休館日 月曜(9月18日、10月9日を除く)と9月19日、10月10日

入場料・料金

当日 前売り
一般 1000円 900円
高校生・大学生 600円 500円
小学生・中学生  400円 300円
  • 20名以上の団体は、前売料金と同額で観覧できます
  • 療育手帳、身体障害者手帳、精神障害者保健福祉手帳をお持ちの方、およびその付き添いの方1名は半額になります
  • 生協組合員カードをご提示の組合員およびそのご家族は前売料金と同額で観覧できます
  • 企画展観覧券で常設展もご覧になれます。10月3日(火)~10月6日(金)は展示替えのため常設展はご覧いただけません

問い合わせ先

窓口 電話番号 備考
岩手県立美術館 019-658-1711 -

主催:
読売新聞社、美術館連絡協議会、岩手県立美術館、テレビ岩手ほか
特別協力:
暮しの手帖社
協賛:
ライオン、大日本印刷、損保ジャパン日本興亜