ルーヴル美術館展 「肖像」テーマに 5月から東京、大阪で順次開催

 ヴェロネーゼの傑作「女性の肖像」、通称「美しきナーニ」をはじめ、古代から19世紀までの「肖像」をテーマにした名作約110点を展示します。

 7月14日(土)~29日(日)は、高校生が無料で観覧できます(学生証の提示が必要)。

 大阪市立美術館でも、9月22日(土)~2019年1月14日(月・祝)に開催します。

ヴェロネーゼ(本名パオロ・カリアーリ) 《女性の肖像》、通称《美しきナーニ》 1560年頃 Photo © RMN-Grand Palais (musée du Louvre) / Michel Urtado /distributed  by AMF-DNPartcom
ヴェロネーゼ(本名パオロ・カリアーリ) 《女性の肖像》、通称《美しきナーニ》 1560年頃 Photo © RMN-Grand Palais (musée du Louvre) / Michel Urtado /distributed by AMF-DNPartcom

日程・会場

日程

2018年05月30日(水)~ 2018年09月03日(月)

※火曜休館(8月14日は開館)

会場

国立新美術館

【住所】
東京都港区六本木7-22-2
開館時間 午前10時~午後6時 ※金、土曜日は、5、6月は午後8時まで、7、8、9月は午後9時まで
※入場は閉館時間の30分前まで

入場料・料金

当日 団体
一般 1600円 1400円
大学生 1200円 1000円
高校生 800円 600円
  • 中学生以下無料
  • 団体券は国立新美術館のみ販売(団体料金の適用は20名以上)
  • 障害者手帳をご持参の方(付き添いの方1名を含む)は無料

問い合わせ先

窓口 電話番号 備考
ハローダイヤル 03-5777-8600 -


主催:読売新聞社、国立新美術館、ルーヴル美術館、日本テレビ放送網、BS日テレ
特別協賛:野村証券
協賛:大成建設、大日本印刷、損保ジャパン日本興亜