第70回正倉院展  10月27日~11月12日 奈良国立博物館で

 秋の奈良の風物詩である正倉院展が、今年も奈良国立博物館で開かれます。終戦翌年の1946年に始まった展覧会は、今年が70回の節目。そして平成最後の開催となります。

 正倉院宝物は、東大寺大仏の造立を発願した聖武天皇ご遺愛の品々を、お后(きさき)の光明皇后が大仏に献納したことに始まります。のちに東大寺の重要な儀式に使った法具なども加わり、その数は約9000件にのぼります。

 今年は聖武天皇ゆかりの華麗な鏡「平螺鈿背八角鏡(へいらでんはいのはっかくきょう)」や、光明皇后が用いた可能性もある室内履き「繡線鞋(ぬいのせんがい)」、サイの角や象牙、水晶や真珠などで飾った儀式具「犀角如意(さいかくのにょい)」など56件(初出陳10件)が展示されます。

 読売新聞社は正倉院展に特別協力します。

  1. チラシはこちら(3.7 MB)

日程・会場

日程

2018年10月27日(土)~ 2018年11月12日(月)

会場

奈良国立博物館

【住所】
奈良市登大路町50番地(奈良公園内)
開館時間 午前9時~午後6時  金、土、日曜、祝日は午後8時まで(入館は閉館の30分前まで)
休館日 会期中無休

入場料・料金

当日(個人) 前売・団体 オータムレイト
一般 1100円 1000円 800円
高校・大学生 700円 600円 500円
小・中学生 400円 300円

200円

  • 団体は20人以上
  • 前売券の販売は、9月12日から10月26日まで、当日券は10月27日から11月12日まで。販売場所など詳細は、ヨミウリ・オンラインをご覧ください
  • オータムレイトチケットは、月~木曜日の午後4時30分以降、金~日曜日、祝日の午後6時30分以降に入場できる当日券です(奈良国立博物館当日券売場のみで、閉館の2時間30分前から販売します)。購入者には記念品を贈呈します
  • 障害者手帳をお持ちの方(介護者1人を含む)は無料です
  • この観覧料金で名品展(なら仏像館・青銅器館)もご覧になれます

特別チケット情報

親子ペアチケット 1100円
  • 主要プレイガイド、一部コンビニエンスストアで、前売期間(9月12日~10月26日)に限定販売。一般1人、小・中学生1人でご利用可能

問い合わせ先

窓口 電話番号 備考
ハローダイヤル 050-5542-8600 -

主催:
奈良国立博物館
特別協力:
読売新聞社
協賛:
岩谷産業、NTT西日本、関西電気保安協会、キヤノン、京都美術工芸大学、近畿日本鉄道、JR東海、JR西日本、シオノギヘルスケア、ダイキン工業、大和ハウス工業、白鶴酒造、丸一鋼管、大和農園