特別展「円覚寺の至宝-鎌倉禅林の美」三井記念美術館にて開催

 鎌倉幕府の執権・北条時宗により創建された円覚寺。中国との交流を通じて鎌倉独自の禅文化を築いた同寺の歴史と至宝の数々を紹介します。

【円覚寺の至宝】重要文化財 無学祖元坐像 円覚寺蔵
【円覚寺の至宝】重要文化財 無学祖元坐像 円覚寺蔵

日程・会場

日程

2019年04月20日(土)~ 2019年06月23日(日)

※【関連イベント】坐禅、法話など実施

会場

三井記念美術館

【住所】
中央区日本橋室町2-1-1 三井本館7階
開館時間 午前10時~午後5時 ※入館は閉館の30分前まで
休館日 月曜日(ただし、4月29日、5月6日は開館)、5月7日(火)

入場料・料金

当日

団体(20名以上)

一般

1300円

1100円
大学・高校生 800円 700円
中学生以下 無料 無料
  • 70歳以上の方は1000円(要証明)。
  • リピーター割引:会期中一般券、学生券の半券のご提示で、2回目以降は団体料金となります。
  • 障害者手帳をご呈示いただいたお客様、およびその介護者(1名)は無料です。

問い合わせ先

窓口 電話番号 備考
ハローダイヤル 03-5777-8600 -

主催:読売新聞社、三井記念美術館、臨済宗大本山円覚寺

特別協力:鎌倉市教育委員会〔鎌倉国宝館〕