特別展「仏像 中国・日本」大阪市立美術館にて開催

 日本には、いつの時代にも中国で作られた多くの仏像や仏画が舶載され、日本の仏像の姿に大きな影響を与えてきました。本展では、「古代の人物表現 戦国~漢時代」を踏まえ、「仏像の出現とそのひろがり」、「遣隋使・遣唐使の伝えたもの」、「禅宗の到来と"宋風"彫刻」そして「新たな仏教・キリスト教との出会い」の各章を通して、中国南北朝時代から明・清時代にいたる仏像の移り変わりを、関連する日本の仏像と共にご紹介します。

重要文化財「木造 十一面観音菩薩立像」 中国・唐時代 山口・神福寺
重要文化財「木造 十一面観音菩薩立像」 中国・唐時代 山口・神福寺
重要文化財「木造 十一面観音菩薩立像」 平安時代 大阪・長圓寺
重要文化財「木造 十一面観音菩薩立像」 平安時代 大阪・長圓寺

日程・会場

日程

2019年10月12日(土)~ 2019年12月08日(日)

会場

大阪市立美術館

【住所】
大阪市天王寺区茶臼山町1-82(天王寺公園内)
開館時間 午前9時30分~午後5時(入館は閉館30分前まで)
休館日 月曜日(祝休日の場合は開館し、翌火曜日休館)

入場料・料金

当日 前売り・団体
一般 1400円 1200円
高大生 1100円 900円
  • 団体は20人以上
  • 中学生以下、障がい者手帳等をお持ちの方(介護者1名を含む)は無料(要証明)
    • 前売り券は8月10日(土)から10月11日(金)まで主要プレイガイドなどで販売
  • 特典付き前売り券などチケットの詳細は展覧会ホームページでご確認ください

問い合わせ先

窓口 電話番号 備考
大阪市総合コールセンター なにわコール 06ー4301-7285 午前8時~午後9時
主催:
大阪市立美術館、読売新聞社、NHK大阪放送局、NHKプラネット近畿