最古の日本刀の世界 安綱・古伯耆展、春日大社国宝殿で開催

 門外不出の国宝、天下五剣の一つ「童子切」をはじめ、平安時代に伯耆国(現在の鳥取県中・西部地域)で活躍した刀匠・安綱とその一門の国宝・重文ほぼ全てが集結。日本刀成立の謎に迫ります。

日程・会場

日程

2019年12月28日(土)~ 2020年03月01日(日)

<前期>12月28日(土)~2020年1月26日(日)     <後期>2月1日(土)~3月1日(日)

会場

春日大社 国宝殿

【住所】
奈良市春日野町160
休館日 2020年1月27日(月)~1月31日(金)

入場料・料金

当日 前売り・団体
一般 1,000円 800円
大高生 600円 600円
中小生 400円 400円
  • 価格は税込みです
  • 前売り券は11月15日(土)から12月27日(金)まで主要プレイガイドなどで販売
  • 団体は20名以上
  • 企画チケットなど、チケットの詳細は展覧会ホームページでご確認ください

問い合わせ先

窓口 電話番号 備考
春日大社 国宝殿 0742-22ー7788 -

主  催:春日大社、読売新聞社

特別協力:鳥取県、名刀「古伯耆物」日本刀顕彰連合

後  援:奈良県、奈良市、NHK奈良放送局、奈良テレビ放送