サラ・ベルナールの世界展

 19世紀末のパリで、女優・アーティストとして活躍したサラ・ベルナール。
 交流のあったミュシャやラリックの作品をはじめ、ポスター、装身具、衣装、写真などでサラの活動の軌跡を紹介します。

アルフォンス・ミュシャ「サラ・ベルナール」 1896年 リボリアンティークス蔵
アルフォンス・ミュシャ「サラ・ベルナール」 1896年 リボリアンティークス蔵

日程・会場

日程

2019年12月07日(土)~ 2020年01月31日(金)

※会期中展示替えあり。

会場

渋谷区立松濤美術館

【住所】
東京都渋谷区松濤2-14-14
開館時間 午前10時~午後6時(金曜のみ午後8時まで)
休館日 ※1月13日を除く月曜と、12月29日~1月3日、同14日休館

入場料・料金

一般 500(400)円
大学生

400320

高校生・60歳以上 250200
小中学生 10080
  • ( )内は団体10名以上及び渋谷区民の入館料
  • 土・日曜日、祝休日は小中学生無料
  • 毎週金曜日は渋谷区民無料
  • 障がい者及び付添の方1名は無料

問い合わせ先

窓口 電話番号 備考
渋谷区立松濤美術館 03-3465-9421 -
主  催:
渋谷区立松濤美術館、読売新聞社、美術館連絡協議会
協  賛:
ライオン、大日本印刷、損保ジャパン日本興亜、日本テレビ放送網
後  援:
在日フランス大使館/アンスティチュ・フランセ日本
特別協力:
フランス/エタンプ市美術館、ピエール=アンドレ・エレーヌ、ダニエル・ラドゥイユ 日本/堺 アルフォンス・ミュシャ館(堺市立文化館)、箱根ラリック美術館、京都工芸繊維大学美術工芸資料館、リボリアンティークス
運営協力:
「サラ・ベルナールの世界展」実行委員会
企画協力:
株式会社燦京堂
助  成:
笹川日仏財団