デミタスカップの愉しみ展

 「デミタス」は、濃い目のコーヒーを飲むための小さなコーヒーカップです。19世紀のヨーロッパにコーヒー文化が浸透すると、エスプレッソをはじめ飲み方のバリエーションが広がり、デミタスの需要も高まります。美術界の流行を反映したもの、小ぶりのボディに"超絶技巧"ともいえる繊細な装飾をあしらったもの、あでやかに贅を尽くしたもの、優雅さを追求したもの、可憐なもの、ウィットに富んだ大胆なかたちまで、多彩なデザインが生まれました。

 本展は、デミタスが多く作られるようになった19世紀後半にヨーロッパでブームを巻き起こしていたジャポニスムや、アール・ヌーヴォー、アール・デコを意匠に取り入れた作品を中心に、それぞれの個性きらめくカップ&ソーサーたちを紹介します。

 掌にのる小さなサイズに自由な発想と技巧をぎゅっと閉じ込めた、アンティーク・デミタスの豊かな世界をお楽しみ下さい。

ミントン≪ターコイズ地七宝繋ぎに花文カップ&ソーサー≫ デザイン:クリストファー・ドレッサー(1871年)
ミントン≪ターコイズ地七宝繋ぎに花文カップ&ソーサー≫ デザイン:クリストファー・ドレッサー(1871年)
ピルケンハンマー≪金彩花鳥文角形カップ&ソーサー≫(1873-1918年)
ピルケンハンマー≪金彩花鳥文角形カップ&ソーサー≫(1873-1918年)

日程・会場

日程

2020年11月28日(土)~ 2020年12月25日(金)

会場

美術館「えき」KYOTO

【住所】
京都市下京区烏丸通塩小路下ル東塩小路町ジェイアール京都伊勢丹7階隣接
開館時間 10:00~19:30
入館は閉館の30分前まで
休館日 会期中無休

入場料・料金

一般 900円(700円)
高・大学生 700円(500円)
小・中学生 500円(300円)
  • ( )内は前売料金。
  • 「障害者手帳」をご提示のご本人さまとご同伴者1名さまは、当日料金より各200円割引。

問い合わせ先

窓口 電話番号 備考
ジェイアール京都伊勢丹 大代表 075-352-1111 -
主 催:
美術館「えき」KYOTO、読売新聞社
監 修:
岡部昌幸(帝京大学教授)