講座「音故知新 怪物(モンスター)・阿久悠の世界」

 読売新聞社は「音故知新 怪物(モンスター)・阿久悠の世界」と題し、阿久悠ソングとゲストの秘話に耳を傾けながら、その魅力を問い直す入門講座を10月2日、6日、11月15日に読売新聞東京本社(東京・大手町)で開催します。

 講座には、阿久さんと関わりの深いゲストが登場。10月2日、6日は、阿久さんが自ら選曲にかかわり、遺作となったベストアルバム「人間万葉歌~阿久悠作詞集」を担当したビクターエンタテインメントの森谷秀樹ディレクター。11月15日は、阿久さんと共にピンク・レディー、岩崎宏美さんを手がけた元ディレクターのエイベックス・エンタテインメントの飯田久彦シニアアドバイザー。

 いずれも午後2時から。入場無料、申し込み不要。定員は約80人。

 東京・大手町の読売新聞ビル3階「よみうりショップ」奥の新聞教室へ直接お越しください。

日程・会場

日程

10月2日、6日、11月15日 各日午後2時~3時30分(開場は午後1時30分)

会場

読売新聞ビル3階「よみうりショップ」奥の新聞教室

【住所】
東京都千代田区大手町1-7-1
休館日 土日祝

入場料・料金

無料、事前申し込みは不要