平成から次代へ 改元にどう備える? 読売広論セミナーを大阪で開催

 読売新聞大阪本社は11月6日、関西の経済界が目指すべき将来像を有識者と共に考える「広論セミナー」を大阪市内で開きます。

 関西経済面で毎週土曜日に掲載の経営者らによる本紙大型コラム「広論」と連携した企画で、元内閣官房副長官の古川貞二郎氏に「平成から次代へ 改元にどう備える? ビジネス、行政の課題とは」をテーマに講演していただきます。

 来年5月に元号が変わるのを前に、昭和から平成の転換期に政府で実務を担った古川氏の経験から、時代の節目で企業や行政が直面する課題を考えます。

 参加費は軽食付きで5000円(税込み)。講師と交流する時間も設けます。


【概要】
 ◇講師 元内閣官房副長官・古川貞二郎氏

 ◇演題 「平成から次代へ 改元にどう備える? ビジネス、行政の課題とは」

 ◇申し込み方法
 ホームページ、ファクス(06・6366・1977)、郵便(〒530・8551大阪市北区野崎町5の9 読売新聞大阪本社論説・調査研究室広論セミナー事務局)のいずれかで受け付け後、入金方法など詳細をお知らせします。以下のQRコードでも応募可。

 問い合わせは事務局 06・6364・9005(平日午前10時~午後5時)、メールはkoron@oys.jpへ。


元内閣官房副長官・古川貞二郎氏
元内閣官房副長官・古川貞二郎氏
QRコードからも申し込めます
QRコードからも申し込めます

日程・会場

日程

2018年11月06日(火)~ 2018年11月06日(火)

午後5時~7時(午後4時半開場)

会場

リーガロイヤルホテル

【住所】
大阪市北区中之島5の3の68

入場料・料金

5000円(軽食付き。税込み)

問い合わせ先

窓口 電話番号 備考
事務局 06・6364・9005 平日午前10時~午後5時 メールはkoron@oys.jp