調査研究

読売新聞の調査研究本部は、所属する主任研究員を中心に政治・経済・国際・社会等、広範な分野にわたる諸問題を調査・研究し、解決への道を広く提言しています。識者のオピニオンを届ける「読売クオータリー」の発行のほか、シンポジウム・講演会等の開催、論壇・国際社会での功績をたたえる表彰を手がけています。

新着情報

  1. 2020夏号「パンデミック後を生き抜く」(読売クオータリー)
  2. 2020春号 「ニッポンの近未来を展望する」(読売クオータリー)
  3. 読売・吉野作造賞2020 小峰隆夫氏「平成の経済」(読売・吉野作造賞)
  4. コロナ経済危機とデジタル革命(読売国際会議)
  5. 2020冬号 「令和に、この国を変える」(読売クオータリー)