第4回(1997年度)読売国際協力賞 海外邦人宣教者活動援助後援会(JOMAS、曽野綾子代表)

国際協力活動で顕著な業績のある個人・団体を表彰する読売国際協力賞の第四回受賞者は、開発途上国などの貧困救援活動を展開してきた海外邦人宣教者活動援助後援会(JOMAS、本部・東京都大田区、曽野綾子代表、支援者約1600人)に決定しました。正賞と副賞500万円を贈ります。

JOMASは、作家の曽野綾子氏を中心に、72年に活動を開始したNGO(民間活動団体)で、日本全国から寄せられた寄付金をもとに、アジア、アフリカ、南米諸国に定住するカトリック神父らを介して辺境地域へ物資や資金を提供し、現地の教育、医療、生活環境の改善に大きく貢献してきました。これまでの事業総額は4億円を突破しています。

選考委員会では、25年にわたるJOMASの活動実績をはじめ、〈1〉会の運営費はすべて自費で賄い寄付金全額を事業に投ずる〈2〉現地調査で寄付金の使途を監査する〈3〉寄付金は布教目的に使わない――などの活動姿勢を高く評価しました。(同後援会の最新情報は公式ホームページhttp://www.jomas.jp/ をご覧ください)


貧困救済支えて25年  人知れず…実を結ぶ

写真:曽野JOMAS代表
韓国の聖ラザロ村でハンセン病患者と握手する曽野代表

第4回読売国際協力賞は、アジア、アフリカ、ラテンアメリカにかけて幅広い貧困救済活動などをしている「海外邦人宣教者活動援助後援会」(JOMAS)に決定した。JOMASは「人知れず慈善を積むをよし」を活動のモットーにしており、25年にも及ぶ長い活動を知る人は少ない。だが、一歩、一歩、踏み締めるように進められて来た過去の活動は、世界各地で豊かな実りを生んでおり、年々、事業規模も拡大している。また、JOMASは代表を務める作家、曽野綾子さんの個人的努力に始まり、今も曽野さんの力に頼る部分が多い組織でもある。曽野さんは「援助をした方が感謝することこそ正しい」と受賞の喜びを語っている。

曽野作品通じて寄付拡大

発端は韓国の出版社からかかってきた1本の電話だった。1972年、この出版社が曽野綾子さんの本を韓国で無断で翻訳・出版したのだが、当の出版社が、律義にもそれを連絡してきたのだ。

電話口で曽野さんは「少しでも利益が出るなら、一部を韓国の施設に寄付してはどうですか」と提案した。期待はしなかった。

しばらくして、今度は韓国の神父から感謝の電話が入った。ソウル南のハンセン病患者居住地・聖ラザロ村を運営する神父が、「曽野さんのプレゼント」を受け取ったというのだ。

こうして曽野さんと聖ラザロ村の交際が始まった。曽野さんは、幼稚園以来の親友である主婦石倉瑩子(えいこ)さんに声をかけて聖ラザロ村後援会を結成、看護婦の駐在費負担を約束した。今のJOMASの前身だ。

曽野さんは、悲しくも温かい聖ラザロ村の実情を作品に書いた。別の取材で訪れたマダガスカルでも、貧しい産院で生まれ死んでいく小さな命の話を書いた。

年老いたハンセン病患者の姿や保育器に入れず衰弱する未熟児の泣き声……。読者から次第に寄付が寄せられるようになった。

聖ラザロ村に続き、マダガスカルのアベ・マリア産院後援会も結成された。支援の規模は徐々に大きくなっていった。

87年、2つの会はJOMASに統合。曽野さんの書斎を本部に定め、石倉さんほか友人数人が運営委員となり、対象範囲も広く途上国で貧困救済を続ける日本人神父や修道女に対する支援へと拡大した。

自己負担で現地監査も  運営に厳しい“自律”

会の責任は「寄付をいかに有効に使うか」に集約され、運営委は厳しい規律を自らに課した。〈1〉運営費は代表と委員の自己負担とする〈2〉寄付金の行方も自費で現地監査する〈3〉布教活動に使わない――などだ。

会に寄付を送り続ける人は1600人を超える。清掃作業の日当を送り続けるお年寄り、幸福に感謝して挙式直後にお金を託してきたカップル、亡夫の香典を「アフリカの子供たちへ」と送る妻、名前を明かさない多くの人々……。昨年度の寄付金は過去最高の4900万円にのぼった。このうち振込手数料を除く全額が世界16か国へ届けられ、フィリピンの地域センター建設、インドの保育器購入、ザイールの学校給食などに使われている。

運営委員は現在9人。一部始終にかかわった石倉さんは「お預かりした善意をすべて役立てるように心がけてきました」とだけ語る。「援助する側の方が多くを学ぶ。協力できて幸せです」と話すのは、修道女の広戸直江さん。主婦の三浦智子さんは「援助に喜びを感じて続けています」、詩人の佐藤恵美子さんも「教えられることばかりです」と口をそろえる。公認会計士の高橋真則さんは「見返りを求めずに結束したからこそ長続きしている」と言う。

「まず食べさせて、元気にして、良く勉強ができるように使わせていただきます」(ボリビア)、「このミルクがなかったら、この子死んでいたね……。そう何度も口にして感謝しています」(マダガスカル)。あの日、韓国から一本の電話が舞い込んだ曽野代表の書斎には、25年後の今日、数多くの援助先から感謝の手紙が届いている。

人口爆発、政治不安…苦しむ10~15億人

写真:曽野JOMAS代表
ボリビアの空港でシスターたちの歓迎を受ける曽野代表

JOMASが目指すのは、幅広い世界の貧困問題の解決にあるが、貧困は、食糧、住居、衣服、保健、医療、教育など人間が人間らしく生きるための必要最低限の条件整備を妨げる要因でもある。

貧困の定義はいろいろあるが、世界銀行は年収370ドルを貧困ラインとし年収が貧困ライン以下の層を貧困層としている。また、貧困を絶対的貧困と相対的貧困に分類し、絶対的貧困は「高い乳幼児死亡率、高い非識字率、短い平均寿命、栄養不良、疫病から脱却できない状態」としている。

一方、国連開発計画(UNDP)は、〈1〉標準体重以下の5歳未満の子供の割合〈2〉医師や助産婦など専門家の介助なしで出産する割合〈3〉女性の非識字率――の3つの指標によって貧困を測定している。

この絶対的貧困の中に暮らす人は世界にどれぐらい存在しているのか――。正確な数字は把握しにくいが、その数は10億人とも15億人とも推計されている。世界銀行の資料によると、80年代末の開発途上国の貧困人口は約11億1千万人。このうち、5億2千万人が南アジア、2億8千万人が東・東南アジア、1億8千万人がサハラ以南のアフリカに住んでいる。90年代に入り、経済成長した東アジアの貧困者数は大幅に減少しているが、南アジア、アフリカの貧困人口は逆に増える傾向だ。

貧困人口増加の最大の原因とされるのは途上国の人口爆発で、過去20年で人口が約6千万人から1億2千万人に倍増したバングラデシュなどでは貧困世帯の割合は43%で20年前と変わらないものの、貧困者の絶対数は倍増している。

貧困層の増加は政治不安の一因ともなっており、中南米などでは構造的貧困の中にある民衆がゲリラ化するなどの深刻な政治問題を起こしている。

こうした貧困層の救済のため、国連は96年を「国際貧困撲滅年」として貧困撲滅運動を展開したほか、昨年、経済協力開発機構(OECD)の開発援助委員会(DAC)が採択した新援助戦略は「2015年までに世界の貧困人口の半減」を打ち出すなど各国際機関の努力が続いている。

教育、医療など懸命の対策

国際機関のほかにも政府開発援助(ODA)などを通し各国政府も貧困対策に力を入れている。最大の援助国である日本は、教育、医療、低コスト住宅、上下水道などの整備のほか、経済政策の立案、NGOと協力した貧困層への直接の働きかけなどを行ってきた。

しかし、まだ世界にはエリトリア、エチオピアなど3分の1以上(国連児童基金資料)の子供が発育不全の状態にある国や、5歳未満の子供の死亡率が1000人につき200人(同)にも達するコンゴ共和国、マラウイなどの国が存在する。

地球から貧困をなくす道のりは遠いが、一人一人が自分たちに出来ることをしてゆくというJOMASの精神こそが重要だ。


「無私、公平な運営 評価」  選考委員会座長・浅尾新一郎

第4回読売国際協力賞の最終審査は9月3日に行われた。まず事務局より、27候補(17個人と10団体)の応募があり、読売新聞社内の推薦委員会で慎重に討議の結果、個人3・団体2の計5候補を選考対象に絞った旨の報告があった。

この報告に対して選考委員会の各委員から質問をした上、前記選考対象者について意見を述べるとともに、それぞれが支持を表明する候補者をあげた。

今回は強力な候補者が多く、委員の意見が分かれ、一本化するのに苦労した。しかし、議論を重ねるにつれて、海外邦人宣教者活動援助後援会(JOMAS)を第4回読売国際協力賞の受賞者とすることで意見が一致した。

JOMASは、無私・透明・徹底監査というNGOのモデルとなる組織運営を通じて、開発途上国の貧困救済活動を25年間にわたって行ってきた団体である。名誉を求めず、地についた、しかも無駄のない活動が、代表個人の高い知名度と相まって高いインパクトを社会に与えている。

なお、全体の討議を通じ、今回受賞にもれた候補については、今後もその活動を追って、次回以降の受賞候補者としたい旨の意見も少なくなかった。また、討議の冒頭、昨年同様、協力賞に加えて特別賞を与えるか否かを協議したが、本年は特別賞を贈らず、協力賞一本とすることで意見がまとまった。

(1997年9月17日 読売新聞)