読売・吉野作造賞

 読売・吉野作造賞は、読売論壇賞と中央公論新社の吉野作造賞を一本化して2000年に創設されました。前年1月から12月までに発表された単行本、雑誌論文を対象とし、選考委員会の厳正な審査により決定します。

中央公論新社の大橋社長(右)から賞状を授与される篠田英朗・東京外国語大学 教授(2017年度の贈賞式で)
中央公論新社の大橋社長(右)から賞状を授与される篠田英朗・東京外国語大学 教授(2017年度の贈賞式で)

最新情報

  1. 第18回(2017年度)

アーカイブ

  1. 第18回(2017年度)

  2. 第17回(2016年度)

  3. 第16回(2015年度)

  4. 第15回(2014年度)

  5. 第14回(2013年度)

  6. 第13回(2012年度)

  7. 第12回(2011年度)

  8. 第11回(2010年度)

  9. 第10回(2009年度)

  10. 第9回(2008年度)

  11. 第8回(2007年度)

  12. 第7回(2006年度)

  13. 第6回(2005年度)

  14. 第5回(2004年度)

    選考委員会メンバー〈2015年6月1日時点〉

  1. 猪木武徳・ 青山学院大学特任教授(座長)

    宮崎勇・経済評論家

    山崎正和・劇作家

    山内昌之・明治大学国際総合研究所特任教授

    北岡伸一・国際大学学長

    白石隆・政策研究大学院大学学長

    老川祥一・読売新聞グループ本社取締役最高顧問・主筆代理

    小林敬和・中央公論新社会長