吉野作造賞(1966~78、83~99)

第17回(1999年度)
『知政学のすすめ』米本昌平氏
第16回(1998年度)
『占領期』五百旗頭真氏
第15回(1997年度)
『近代日本の国家構想』坂野潤治氏
『馬場恒吾の面目』御厨貴氏
第14回(1996年度)
『自民党 政権党の38年』北岡伸一氏
第13回(1995年度)
受賞作なし
第12回(1994年度)
『両大戦間の日米関係』麻田貞雄氏
第11回(1993年度)
『バブルの経済学』野口悠紀雄氏
『キメラ−満州国の肖像』山室信一氏
第10回(1992年度)
『最後の十年 日本経済の構造』田中直毅氏
第9回(1991年度)
『ラディカル・ヒストリー』山内昌之氏
『ハイテク技術のパラダイム』児玉文雄氏
第8回(1990年度)
『「日本文化論」の変容』青木保氏
第7回(1989年度)
『戦争と平和』猪口邦子氏
『新憲法の誕生』古関彰一氏
第6回(1988年度)
『通貨烈烈』船橋洋一氏
第5回(1987年度)
『いま政治に何が可能か』佐々木毅氏
第4回(1986年度)
『冷戦と東南アジア』矢野暢氏
第3回(1985年度)
『成長のアジア 停滞のアジア』渡辺利夫氏
第2回(1984年度)
『柔らかい個人主義の誕生』山崎正和氏
第1回(1983年度)
『経済倫理学序説』西部邁氏

79~82年中断、83年より再開

第13回(1978年度)
『古典外交の成熟と崩壊』高坂正尭氏
第12回(1977年度)
『日本診断』松山幸雄氏
第11回(1976年度)
『ジョージ・サンソムと敗戦日本』細谷千博氏
第10回(1975年度)
『人間の顔をした経済政策』宮崎勇氏
第9回(1974年度)
『大正デモクラシー論』三谷太一郎氏
第8回(1973年度)
『病める先進国』村上泰亮氏
『日中復交・革新外交の次の課題』山本満氏
『知識人と政治--ドイツ・1914〜1933』脇圭平氏
第7回(1972年度)
「市民参加とその歴史的可能性」および『市民参加』の責任編集に対して 松下圭一氏
第6回(1971年度)
『新古典派経済学を超えて』宇沢弘文氏
『なぜ中国を承認すべきか』蝋山道雄氏
第5回(1970年度)
『平和的発展主義と日本』入江昭氏
『現代デモクラシーの思想と行動』宮田光雄氏
第4回(1969年度)
『大学の可能性』永井道雄氏
第3回(1968年度)
『馬場辰猪』萩原延寿氏
第2回(1967年度)
『日本外交における拘束と選択』永井陽之助氏
『経済政策における保守と革新』伊東光晴氏
第1回(1966年度)
『日本外交への提言』坂本義和氏
『日本の安全保障力をどう高めるか』衛藤瀋吉氏