事業概要

日本の科学技術立国を支援するため、法人会員の皆さまとさまざまな活動を展開しています。

気鋭の研究者にゴールド・メダル賞

「ミニ・ノーベル賞」とも言える科学賞で、1995(平成7)年に創設されました。優れた業績を挙げた日本人研究者を、毎年3名ほど選んで贈賞しています。

正賞は純金製のメダルで、副賞の50万円とともに贈られます。

受賞者は、読売テクノ・フォーラム代表と4名の顧問で構成する選考委員会で審査し、決定します。贈賞式は毎年4月に行われ、受賞者の業績は読売新聞紙上で紹介します。

ゴールド・メダル賞の受賞記念講演会

最先端の科学&技術の成果を広く伝える場として、毎年、その年のゴールド・メダル賞受賞者による受賞記念講演会を東京で開催しています。 参加者は読売新聞紙上で公募し、科学や技術の裾野を広げることに役立っています。