会の特徴

会員の皆さまとつくる組織です。企業や自治体、行政機関などの経営(運営)に、重要な意思決定のための判断材料を提供します。

  • 経営幹部は、科学と技術の最先端の動向をつかみ、研究開発に向けた要点と産・官・学それぞれの関心の所在を押さえ、さらには産業化への展望を知ることができます。
  • 研究開発担当者は、最先端科学&技術の動向を押さえて専門領域にとらわれない幅広い視野を得、研究開発を進める上でのポイントやリスクと、他産業との連携の可能性などを知り、潜在する課題や知的財産権などに絡む問題にも必要な視座が持てます。
  • 広報・総務担当者は、他産業や産・官・学の幅広い動向を知り、研究開発と産業化に伴う自組織の社会的責任やリスクをいち早く見極めて、経営資源の投入先とその時期などに先手々々を打つことに役立ちます。
  • 法人は、経営戦略の立案に役立つだけではありません。ゴールド・メダル賞の贈賞と受賞記念講演会や公開シンポジウムの開催などフォーラムを通じての諸活動が、そのまま社会貢献となり、報道およびPRを通して組織としてのステータスが高まります。

読売テクノ・フォーラムにご加入いただくと......。

  • 会員登録の代表者と連絡担当者をお決めいただき、連絡担当者の方を通じて各種の活動案内をメールや手紙でお知らせします。
  • 毎回の研究交流会に、その時々の講演テーマに関係する部署の方々が各回3名までご出席いただけます。講演は正午から午後2時まで(昼食付き)で、無駄な時間を取らせません。
  • ゴールド・メダル賞の受賞記念講演会や公開シンポジウムでは、法人会員からご出席いただける人数に制限がありません。
  • 「読売国際経済懇話会(YIES)」や「ノーベル賞受賞者を囲むフォーラム」など読売新聞社の主催事業にご招待します。