入試に勝つ新聞記事2020

中学受験用 社会科+理科 時事問題集

  • 本体1,450円+税
  • 浜学園、駿台・浜学園+読売新聞教育ネットワーク事務局 共同編集
  • 発売日:2019年10月31日
  • ISBN 978-4-643-19012-0
入試に勝つ新聞記事2020

書籍のご紹介

読売新聞の記事で、2020年の入試に出るニュースを、わかりやすく解説

2020年の中学入試に備えた、時事問題対策集です。

  • 「政治と社会」「経済と暮らし」「海外の出来事」「文化とスポーツ」「自然と科学」のテーマごとに、読売新聞の記事を使いながら重要ニュースの要点を学びます。

新元号「令和」の由来や元号の歩みについて巻頭で特集したほか、日本で初開催されたG20サミット、日韓関係、中国の台頭、消費税増税、キャッシュレス決済の普及と情報社会、イギリスのEU離脱交渉、訪日外国人旅行者の急増、吉野彰氏のノーベル化学賞など、社会と理科の入試に出そうなテーマを幅広く取り上げ、「記事のポイント」や「重要語句」をわかりやすく解説しています。適性検査型の入試にも対応できる予想問題、短期間で知識を確認できる一問一答なども充実しており、時事問題を解く力を養います。

近年、中学受験における時事問題の比重は大きくなっています。新聞記事を通して世の中で起きていることを深く理解して、万全の対策をとるための一冊です。

入試に勝てる!ポイント

●「読む力」「書く力」「思考力」「得点力」「総合力」が身につく

  • 「単語カード」つき
  • 「一問一答」で頻出キーワードをチェック
  • 「予想問題」で実戦に強くなる

CONTENTS

  • 【巻頭特集】
  • ●新元号「令和」
  • ●元号(年号)のあゆみ

第 1 章 政治と社会

      • 第25回参議院議員通常選挙
      • 日本初となるG20サミットが開催
      • アイヌ新法の成立
      • 日韓関係のすれ違いと影響

第 2 章 経済と暮らし

  • 消費税率が10%に増税
  • TPP(環太平洋経済連携協定)と自由貿易
  • 31年ぶりに商業捕鯨が再開
  • 働き方改革関連法の施行
  • キャッシュレス決済の普及と情報社会
  • 新紙幣デザインが発表

第 3 章 海外の出来事

  • イギリスのEU離脱交渉が難航
  • 中国の台頭と影
  • 国連持続可能な開発目標(SDGs)の取り組み

第 4 章 文化とスポーツ

  • 百舌鳥・古市古墳群が世界遺産に登録
  • 訪日外国人旅行者(インバウンド)の急増
  • アジア初のラグビーワールドカップ開催
  • 来年は東京オリンピック・パラリンピック

第 5 章 自然と科学

  • 明らかになる「宇宙のすがた」
  • 家庭用太陽光発電の普及をめぐる動き
  • マイクロプラスチックとレジ袋有料化
  • 地図記号「自然災害伝承碑」と防災

【この記事もチェックしておこう】

  • 辺野古移設に伴う埋め立てを問う県民投票/2022年4月から、成年年齢が18歳に/ふるさと納税新制度が始まる/イランなどをめぐる中東情勢/増加する日本の在留外国人/ノーベル化学賞に吉野彰氏など

覚えておきたい! 2019年の10人」「覚えておきたい! 「なるほど!」年表」も収録

購入のご案内

    • ウェブでご購入いただく場合、送料・手数料については各サイトでご確認ください。お近くの書店でもご購入いただけます。
  • お問い合わせ先

    販売について
    03-5299-1765
    本の内容について
    03-3216-9701
    • 受付は、月~金曜日 午前10:00~午後5:00です。(祝日、年末年始の休日は除く)