先生が選ぶ「君に贈る本」募集

 読売中高生新聞編集室では、2016年度に「君に贈る本(キミ本)大賞」にご協力いただける学校を募集しています。

 「キミ本大賞」は、中高生が「生涯の1冊」と出会える場を作ろうと、読売中高生新聞が2014年に創設した新しい文学賞です。 

 賞の特徴は、先生が審査員だということ。日ごろから10代と向き合っている全国各地の中学・高校の先生に、「中高生に送る1冊」を聞いているのです。「泣ける本」をテーマにした15年度は、朝の読書推進協議会・全国学校図書館協議会・トーハンの特別協力を得て、 1798人の先生から回答を得ました。
 
 今年度のテーマは「元気をくれる本」。小説、ノンフィクション、マンガ、実用書......ジャンルは不問で、2016年12月31日まで応募を受け付けています。結果は、17年3月に、協力校一覧とともに読売中高生新聞の紙面で発表する予定です。ご興味をお持ちの学校関係者の方には、所定のアンケート用紙をお送りいたしますので、校名を明記のうえ、chukousei@yomiuri.comまでご連絡ください。

キミ本大賞のリーフレット
キミ本大賞のリーフレット