第23回読売国際協力賞に公益財団法人ジョイセフ

 第23回読売国際協力賞は、アジア、アフリカなどの途上国で母子保健の改善事業を地道に行ってきた公益財団法人ジョイセフ(JOICFP)に決定しました。18日に都内で贈賞式が行われ、正賞と副賞500万円が贈られます。

 ジョイセフは、母子保健を普及させた戦後日本の体験を途上国支援に生かす目的で、1968年に発足しました。世界34か国・地域で、妊産婦、乳幼児の死亡率削減や女性の健康増進を目指す活動を展開してきました。