読売新聞 暮らし元気に 春の新紙面

読売新聞の紙面が4月から新しくなります。ミドル世代や暮らしを応援する新企画のほか、ニュースを分かりやすく解説するコーナーがスタートします。

<東京本社>
◎朝刊 
◆ニュースの「?」を解決
◇ニュースQ+ 
 ニュースを解説し、読者の疑問に答えるQ&A形式の「ニュースQ+」を総合面に掲載。日々の出来事に即したテーマや、新たな制度・キーワードを、図表も活用して分かりやすく伝えます。

◆ミドルにアドバイス
◇ミドルらいふ 隔週火曜日
 各界で活躍する著名人が50歳前後の生活を振り返る「ミドルらいふ」。現在の生活や仕事につながる印象深い出来事について、当時の心境を、迷いや不安を含めて語ってもらうコーナーです。
 還暦を迎えるまでに「やっておくべきこと」「心構え」など、先輩としてのアドバイスも紹介します。

◆ミー太郎の「野球ミニ辞典」 
 スポーツを巡るさまざまなニュースの裏側に鋭く切り込む新企画「カットイン」がスポーツ面で始まります。
 野球用語をだれでも分かるように解説した「野球ミニ辞典」を随時掲載します。案内役は猫ピッチャーの「ミー太郎」です。

◆「編集手帳」の竹内論説委員 大型コラム 
 1面の人気コラム「編集手帳」筆者の竹内政明論説委員が、土曜日解説面の大型コラム執筆陣に加わります。国内外の様々な出来事を「時には望遠鏡をのぞくように、時には顕微鏡をのぞくように」切り取ります。

◎夕刊 
◆医療・健康のイロハ
◇からだCafe 毎週水曜日
 「からだ」「こころ」を「からだCafe」に衣替え。医療・健康・介護サイト「ヨミドクター」のキャラクターが、健康や病気のちょっと気になる質問に答える「教えて! ヨミドック」がスタート。著名人が闘病体験を語る「一病息災」は写真、記事ともに拡大します。

◆最先端研究を紹介
 最先端の科学研究の中で、日本勢の成果が目立つ分野を選び、その魅力や展望を伝える「リサーチフロント」が木曜日夕刊で始まります。理系を目指す若者に具体的なアドバイスも提供します。

<大阪本社>
◎夕刊
◆「維新の記憶」歴史を訪ねる 今を探す/「あちこち聖地」毎週火曜日 
 「ええやん!かんさい」には、火曜日に二つの新企画が登場します。「維新の記憶」は、歴史を旅する読みものです。今年は大政奉還(1867年)から150年。日本の歴史が大きく動いた場所を記者が訪ねます。今を切り取るのは「あちこち聖地」。注目を集めるいろんな〈聖地〉を巡ります。

◎地域ニュース 厳選
◆「県版王(けんばんおう)」隔週火曜日  
 地元ニュースを満載した各地の県版(地域版)から、気になる記事や、もっと多くの人に読んでほしい、お薦め記事をまとめて紹介する「県版王(けんばんおう)」がスタートします。隔週水曜日に掲載します。

<西部本社>
◎朝刊
◆維新150年 毎週土曜日
◇近代への歩みに光 
 明治維新を主導した薩長を中心とする人物や出来事を軸に歴史をたどる企画「維新150年」を新設します。日本が封建社会から近代国家へと歩む姿に光をあて、維新の背景や現代に及ぼした影響など様々な角度から考察します。節目の年となる来年までの長期シリーズです。

◎夕刊
◆対決 お国自慢 毎週土曜日
◇地域の誇り 語り合う 
 九州・山口・沖縄の逸品や名所などの素晴らしさを地元の皆さんに語ってもらう「対決 お国自慢」を始めます。毎回、複数の地域を取り上げます。思い入れたっぷりの"お国自慢バトル"をお楽しみください。

※地域によっては掲載されていない企画もありますのでご了承ください。