「オリンピック・パラリンピック東京大会の安全安心な開催のための対策を考える」懸賞論文募集

「オリンピック・パラリンピック東京大会の安全安心な開催のための対策を考える」をテーマにハード、ソフト両面の課題について、具体的な提言を募集します。

【規定】未発表作で400字詰め原稿用紙20~30枚。目次と3枚程度の要約を付け、題、住所、氏名、電話番号、生年月日、性別、職業を明記してください。著作権は主催者に帰属します。締め切りは9月1日
【賞】最優秀1編20万円、優秀2編10万円、佳作数編5万円
【発表】12月中の読売新聞
【選考委員】坂東真理子氏(昭和女子大理事長)、宮崎緑氏(千葉商科大国際教養学部長)ほか
【応募・問い合わせ】〒102・0093東京都千代田区平河町2の8の10、(公財)公共政策調査会(03・3265・6201)

 主催=公共政策調査会、警察大学校警察政策研究センター
 後援=警察庁、読売新聞社
 協力=(公財)東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会