読売新聞社×松竹 社史映像制作サービス 「タイムライン」開始

読売新聞社は、松竹グループと提携し、企業の社史映像を制作するサービス「タイムライン」を始めました。

 1874年創刊の読売新聞の記事や写真を活用し、商品誕生ドラマなど企業の足跡を時代背景と一体化した記録性の高い映像で紹介します。

 映像は松竹グループが制作し、本編(15分間)と予告編(60秒)の「定型プラン」をはじめ、独自の「オーダーメイドプラン」などを展開。映像素材の新聞広告へのアレンジも可能です。

【問い合わせ】t‐timeline@yomiuri.com(電子メール)まで。