「江東5区写真コンクール」 作品を募集しています

「下町の四季」をテーマにした読売新聞東京本社主催の「第63回江東5区写真コンクール」(協賛・東京楽天地、アンフェリシオン、アサヒグループホールディングス、AIG損害保険)は、9月7日(必着)まで作品を募集しています。

 江東5区(墨田、江東、足立、葛飾、江戸川)内に在住、在勤、在学のアマチュアの方が対象で、昨年9月1日以降、江東5区内で撮影した未発表作品を募集しています。サービスサイズ以上のプリントで、デジタルカメラで撮影した場合も、紙焼きにして応募してください。高校生以下対象のユース部門のみ、スマートフォンなどで撮影した作品のメールでの応募も受け付けます。1人で複数の作品を送ることもできます。

【応募方法】
 作品の裏(ユース部門はメール本文)に①タイトル②撮影場所(区名も)と日時③データ(分かる範囲で使用カメラ、レンズ、絞り、シャッター速度など)④住所、氏名(ふりがな)、年齢、生年月日、職業または学校名、電話番号(自宅と携帯電話)、メールアドレスを記載してください。

 送り先は以下です。

〒130・0022 墨田区江東橋2の13の4 読売新聞江東支局「江東5区写真コンクール係」。ユース部門のメール応募は koto@yomiuri.comまで。
※できるだけ大きな画像の写真を添付し、件名に「写真コンクール係」と入れてください。

【賞金など】
 第1次審査で「一般の部」の入選作40点、奨励賞5点前後と「ユース賞」5点前後を選定。第2次審査で特選(1人)10万円、1等(1人)7万円、2等(3人)各5万円、佳作(30人前後)各1万円などを選びます。ユース賞は図書カード各1万円分、奨励賞は商品券各5000円分です。

【注意事項】
 受賞作品は、ネガ(デジカメはオリジナルデータを記録した媒体)を提出していただきます。読売新聞紙上や展示会、チラシやパンフレットのほか、本社の電子メディアなどで使用することがあります。
 個人情報は、コンクールに関する審査、連絡やご案内、記念品送付などのため利用します。被写体の肖像権は、撮影者が了解を得てください。特に被写体が子どもの場合は、保護者に確認してください。

【問い合わせ】
 読売新聞江東支局(03・3631・6116)へ。

昨年の特選「挑戦の夏」
昨年の特選「挑戦の夏」