4月15日放送「よみラジ」テーマは「新型出生前検査に新たな指針」

読売新聞記者らが「ニュースのいま」を語るラジオ日本(AM1422kHz)の番組「よみラジ」(毎週月曜日午後6時~午後6時30分)が放送中です。

4月15日の第106回放送のテーマは「新型出生前検査に新たな指針」
妊娠中に胎児の病気を調べるための「新型出生前検査」。2013年4月に始まって、今年で6年になります。そんな中、日本産科婦人科学会は、この検査に関する新たな指針案をまとめました。「新型出生前検査」とは?新たな指針案の内容は?そして今後の課題は?医療部の鈴木希記者が詳しく解説します。
メインキャスターは吉田清久委員、司会はフリーアナウンサーの大原裕美さん。お楽しみに!

 スマホやPCでラジオが聴ける「ラジコ」(ページ下部にリンクあり)のタイムフリー機能を使えば、一週間以内の放送はいつでも聴くことが可能です。

 また、番組の一部をポッドキャストでいつでもお楽しみいただけます。以下のフィードをポッドキャスト対応ソフトに登録すれば、自動的にダウンロードされます。