巨人・原監督ら5000万円寄付 都の医療支援に協力 新型コロナ

読売巨人軍の原辰徳監督と阿部慎之助二軍監督、菅野智之、坂本勇人、丸佳浩の3選手が4月24日、新型コロナウイルス感染症の対応に尽力する東京都内の医療現場を支援するため、計5000万円を都に寄付しました。
 小池百合子都知事は同日の定例記者会見で寄付を受けたことを明らかにし、「温かいご支援に厚くお礼申し上げたい」と述べました。

 都によると、寄付金は医療機関で不足しているマスクなどの購入費に充てるということです。

 巨人軍もこの日、都に医療用マスク「KN95」1万枚とサージカルマスク3万枚、除菌シート(60枚入り)3000パックを寄贈しました。

 詳しくは4月25日の読売新聞朝刊をご覧ください。