京都・仁和寺 阿字観呼吸法のオンライン入門動画を公開

真言密教の瞑想法「阿字観」を世界遺産・仁和寺(京都)の高僧が伝授する入門動画を読売新聞オンラインで公開しています。

阿字観は、平安時代に弘法大師・空海が日本に伝え、真言宗の僧侶が現在も修行として実践しています。真言密教の教典「大日経」に基づく瞑想法で、梵字の第一字母である「阿」は全ての始まりで、宇宙の万物の創世を表わしており、密教の根本かつ中心仏である大日如来を象徴しているとされます。

心身をリラックスさせる効果があるとされており、動画では、仁和寺の執行長・吉田正裕さんが初心者向けにアレンジした呼吸法を教えています。

本社で昨年、同寺による阿字観入門教室を開催し好評でした。動画の内容は教室の内容を圧縮したものです。

昨年開催された阿字観入門教室の様子(東京・大手町の読売新聞東京本社で)
昨年開催された阿字観入門教室の様子(東京・大手町の読売新聞東京本社で)