東京写真記者協会賞 読売新聞の3記者が部門賞を受賞しました

東京写真記者協会(新聞、通信など33社加盟)は、2015年の優れた報道写真に贈る今年の協会賞と部門賞を発表しました。

 読売新聞東京本社からは部門最優秀作品に3点が選ばれました。

 グランプリの協会賞には東京新聞の「安保法案にNO!」が選ばれました。

一般ニュース部門(国内):9月に茨城県常総市で発生した水害で救助を求める人の姿を写した、林陽一記者の「濁流からの生還」
一般ニュース部門(国内):9月に茨城県常総市で発生した水害で救助を求める人の姿を写した、林陽一記者の「濁流からの生還」
一般ニュース部門(海外:田村充記者の「天津巨大爆発」
一般ニュース部門(海外:田村充記者の「天津巨大爆発」
企画部門(海外):ドイツを目指すシリア難民らを欧州各国で取材した、片岡航希記者の「海を越え、さまよう難民」(5枚組み)
企画部門(海外):ドイツを目指すシリア難民らを欧州各国で取材した、片岡航希記者の「海を越え、さまよう難民」(5枚組み)