タカマツペアら中高生対象に「1日合宿」

五輪メダリストらに中高生が学ぶ「鍛える、食べる トップアスリート1日合宿」を8月1日に行います。

 会場は、五輪選手らが利用する味の素ナショナルトレーニングセンター。講師はリオデジャネイロ五輪バドミントン女子ダブルス金メダリストの高橋礼華・松友美佐紀ペア(日本ユニシス)、女子シングルス銅メダリストの奥原希望(同)ら約20人の選手です。

 中学・高校で部活動をしている生徒たちが講師と一日を共に過ごし、一緒に練習に取り組みます。競技と向き合う姿勢や優れた技術などを教わる予定です。食の大切さを学ぶ、味の素の「勝ち飯」教室も開きます。