「お内裏様とお雛様~♪」は誤用でした...! 3月3日放送「ワーズハウスへようこそ」

3月3日放送の日本テレビのミニ番組「ワーズハウスへようこそ」(20:54から、関東地区のみ。読売新聞社提供)は、いろはさん(主演の草刈民代さん)とかるたちゃん(住田萌乃さん)がひな祭りの準備しているシーンから始まります。

「ワーズハウスへようこそ」は、日本語の大切さや面白さを伝える番組。その観点から、番組で使われるせりふは、読売新聞校閲部の記者が収録前にくまなくチェックしています。
今回のテーマとなった「ひな祭り」といえば、皆さん「お内裏様とお雛様~♪」という童謡が頭に浮かびますよね。収録前の台本にも、男性の雛を「お内裏様」と呼ぶせりふが入っていたのですが、実はこのせりふ、間違っていたんです!

実は「お内裏様」とは、男性の雛と女性の雛の一対を指す言葉だそうです。2体合わせて「内裏雛(だいりびな)」と呼び、男のお雛様は単体では「男雛(おびな)」、女性のお雛は「女雛(めびな)」と呼ぶのが正しい使い方です。校閲部のチェックを経て、台本のせりふは「お内裏様」から「男雛」に修正されました。

 何気なく使っている日本語にも誤りがあるなんて、言葉というものは本当に奥が深いですね。

 今週は、物事の最も大切な部分を示す言葉をご紹介します。ぜひご覧ください。