本気の豆まきに注目です。 2月2日放送「ワーズハウスへようこそ」

 
 2月2日放送の日本テレビのミニ番組「ワーズハウスへようこそ」(20:54から、関東地区のみ。読売新聞社提供)は、いろはさん(主演の草刈民代さん)、文之介くん(長島暉実くん)、かるたちゃん(住田萌乃さん)の3人が本を読んでいるシーンから始まります。

 2月の恒例行事といえば節分ですね。かるたちゃんが、なぜ字引家で節分の豆まきをしないのかをいろはさんと文之介くんに尋ねます。不思議に思うかるたちゃんをよそに、二人ともなぜか答えを渋るというストーリーです。

 最終的に鬼役は文之介くんで、いろはさんとかるたちゃんは、豆を投げる役になります。張り切るいろはさんが、「かるたちゃんはここから、私と三角形の動きをして投げよう」とかるたちゃんにアドバイス。二人のやる気に、撮影の菊池亘カメラマンが「豆が当たってカメラが壊れてしまわないと良いけど」と小声で心配するなか、いろはさん、かるたちゃんとも「本気」の豆まきを見せてくれました。

 撮影終了後、文之介くんは「鬼のお面を被って動き回るのに夢中で、豆が当たってもそんなに痛く感じませんでした」と話していました。

 今週は、覚悟を決める、決意を固めるという意味の言葉をご紹介します。ぜひご覧ください。