皆様ありがとうございました 3月26日放送・日テレ「ワーズハウスへようこそ」

ことはの結婚から3年後、書斎でいろは(主演の草刈民代さん)、文之介(長島暉実くん)、かるた(住田萌乃さん)と、赤ちゃんを連れたことは(斉藤光香さん)が和やかに話しています。文之介がいろはに「大先生、サインお願いします!」と笑いながら話しかけるなど、にぎやかです。この状況を見て、かるたはある言葉を思い出そうとしますが...。

 長きに渡ってお楽しみいただいたこの番組も、いよいよ今回が最終回です。

 草刈さんにこの番組の撮影で心掛けていたことを伺うと、「厳しい中でも楽しむことを心掛けてました。特に子どもたちに対しては、表現する心がまえを一通り伝えることから始まりました。子どもとはいえ、その年齢では、その年齢でしか演じる事ができないと思っているので、あくまで対等に演じるようにしていました。言われた事に応える段階から、よりその役や脚本を考えて表現するようになってきたのは、嬉しい事です。スタッフの皆さんとも、ディスカッションしながら、短い時間の中でどう効果的に表現できるか試行錯誤できた事も、長く続けられた事だと思います」と振り返ってくださいました。

 「児玉清さんから引き継いで、毎月1日のスタジオ通いがなくなるのは、寂しい気持ちで一杯ですが、一定の役割を果たしたとも思います。次お会いできるのは、『ワーズハウスへようこそ シーズン2』であればいいですね。この一家が、これからも皆さんの心の中で生きていていただける事を心より願ってます」と語ってくれました。長きに渡るご出演、本当にありがとうございました。

 今週は「なごやかで楽しい気分が満ちているさま」を示す言葉を紹介します。