環境活動

朝刊配達後に地域の清掃活動

歩道を清掃する阿部所長(右)とYCスタッフ
歩道を清掃する阿部所長(右)とYCスタッフ

読売センター藤沢東部(神奈川県藤沢市)

読売センター(YC)藤沢東部(神奈川県藤沢市・阿部茂所長)は、原則毎週月曜日の朝刊配達終了後、阿部所長とYCスタッフ3人の計4人で同市南藤沢のYC店舗前からJR藤沢駅南口までのバス通り約500メートルの清掃活動をしています。

 2015年11月2日の月曜は雨天のため、延期した11月4日、阿部所長と佐藤和宏店長、スタッフの木村喬之さん、本城聖浩さんの4人はほうきやちりとりを手に清掃活動を行いました。この日はたばこの吸い殻や空き缶、街路樹の落ち葉などのごみを20リットルのビニール袋3袋分回収しました。

 YC藤沢東部は、地域貢献活動をしようと3年前から不定期に配達区域内の公園などで清掃活動を行っています。バス通りの清掃は日頃からYCスタッフがバイクで通行している通りの美化に努めることで、地域に感謝を伝えようと今年3月に始めています。

 佐藤店長は「清掃活動を始めて集金訪問時に励ましの声をいただくようになった。また、清掃中に道行く市民から『ごくろうさま』と声をかけられることも多く、YCで仕事をすることの励みになっている」と話しています。

 阿部所長は「藤沢で仕事をさせていただいていることへの恩返しと同時に地域の環境美化に役立つことなので、YC藤沢東部の地域貢献活動としてスタッフと末永く続けていきたい」と語りました。