読売新聞

140年以上の歴史 世界最大の部数 読売新聞

140年以上の歴史 世界最大の部数 読売新聞

概要

読売新聞は、世界最大の発行部数を有し、140年以上の歴史がある全国紙です。1874年(明治7年)11月に創刊され、題号は江戸時代の「読みながら売る」かわら版に由来します。1923年(大正12年)の関東大震災、45年(昭和20年)の空襲による2度の本社焼失という困難を乗り越え、明治、大正、昭和、平成の4代の歴史を紙面に刻んできました。

読売新聞の特徴は、充実した報道と明快な主張にあります。2015年度新聞協会賞を受賞した「群馬大病院での腹腔鏡(ふくくうきょう)手術をめぐる一連の特報」をはじめ、数々のスクープで国民の「知る権利」に応えています。「勇気と責任ある言論」を旨とする社説や、現実的で説得力のある提言報道で社会を動かしてきました。また、少子高齢社会の急激な進展を見据えて医療、社会保障、教育の各分野に取材専門部署を置き、読者のニーズに合った紙面をお届けしていることにも支持が集まっています。

読売新聞

15年11月現在の朝刊部数は936万8504部(日本ABC協会報告)。読売新聞の発行部数世界一は、英国のギネスブックに認定されています。

朝刊紙面のご案内

ポイント ①深く、わかりやすい解説

読売新聞はニュースを深く、わかりやすくお伝えします。「スキャナー」(3面)は、注目のニュースを掘り下げて知るのに最適なコーナーです。背景から今後の展望まで、たっぷりとした行数で解説します。よく耳にする時事問題をイチから理解したいときは、「基礎からわかる」(随時掲載、特別面)がお勧めです。「見る」は、旬の話題をカラー図解でビジュアルに読み解きます(第1、第3月曜掲載、見る面)。

ポイント ②分野別に整理された紙面

政治、経済、国際、社会、スポーツなど分野別に整理された紙面で、その日の動きが立体的に把握できます。より深く知りたい読者のために、「政治の現場」(政治面)、「経済の現場」、「ズームイン」(経済面)、「世界in-depth」(国際面)、「追う」(社会面)、「2020先読み東京五輪」(スポーツ面)といった企画コーナーを、その時々に応じて各面で設けています。

ポイント ③暮らしに生かせる記事が満載

医療、社会保障、教育、文化、家計など、暮らしに生かせる記事を日替わりでお届けしています。医療、教育の最新事情を知りたい読者には、「医療ルネサンス」(月曜~金曜掲載、くらし面)、「教育ルネサンス」(水曜~土曜掲載、くらし教育面)の2大連載がお勧めです。社会保障に関する制度の仕組みや最新情報は、「安心の設計」(日曜掲載、社会保障面)で詳しくお伝えします。読者の悩みに識者が回答する「人生案内」(くらし面)は、開設から100年を超えた伝統のコーナーです。

おすすめコーナー(朝刊)

おすすめコーナー(夕刊)

購読料金のご案内

セット版地域(朝・夕刊) 1か月 4037 (税込み)
統合版地域(朝刊のみ) 1か月 3093 (税込み)

読売新聞の販売地域には、朝刊と夕刊がある「セット版地域」と、朝刊のみの「統合版地域」があります。「統合版地域」の読者には、朝刊の中に夕刊の一部記事を含めてお届けします。

セット版・統合版発行地域

セット版・統合版地域一覧

セット版発行地域

北海道(上川、空知、日高、石狩、後志、胆振の各支庁)、茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、山梨県の一部、静岡県、富山県の一部地域、石川県の一部地域、滋賀県、京都府、大阪府、兵庫県、奈良県、和歌山県、山口県の一部、福岡県、沖縄県

統合版発行地域

北海道(宗谷、留萌、網走、根室、釧路、十勝、檜山、渡島の各支庁)、青森県、岩手県、秋田県、宮城県、山形県、福島県、新潟県、長野県、山梨県の一部、愛知県、三重県、岐阜県、富山県の一部地域、石川県の一部地域、福井県、岡山県、広島県、鳥取県、島根県、香川県、徳島県、愛媛県、高知県、山口県の一部、佐賀県、長崎県、熊本県、大分県、宮崎県、鹿児島県

  • 上記地区でもセット版、統合版の混在する地域があります。
  • 沖縄県には、福岡、東京から輸送するため、当日の朝刊と前日の夕刊を13時頃に配達します
  • 宅配できない地域も一部あります。
  • 詳しくは最寄りの読売新聞販売店にお問い合わせください。最寄りの販売店はこちらで検索できます。

読まれています

ビデオリサーチの全国新聞総合調査(J-READ)の2015年版によると、全国の5人に1人が読売新聞の購読者です。

読売新聞に関する調査データ

読売新聞に関する調査データ
読売新聞に関する調査データ
  • nは各都道府県の15歳~69歳人口に合わせたウエート集計後の規正標本サイズを表しています。回収数とは異なることにご注意下さい。

関連サービス

読売プレミアム 朝刊紙面がスマホで読める

読売新聞購読者向けデジタルサービス「読売プレミアム」に入会すると、読売新聞朝刊最終版の全ページをスマートフォンやタブレットで読むことができます。

読売新聞は地域によって紙面の内容を一部変えていますが、読売プレミアムの会員には東京本社版、大阪本社版、西部本社版、北海道支社版の紙面画像をお届けします(紙面画像の掲載期間は1週間)。また、興味ある記事を自動収集する「マイニュース」や、スクラップ、検索といったデジタルならではの便利な機能が搭載されています。月額150円(税抜き)です。

読売プレミアム

新聞のちから 新聞で「総合力」を身につける

「新聞のちから」は、新聞を毎日継続して読むことを通して、「書く力」「読む力」「会話する力」の三つの力を伸ばす企業・大学向け研修・教育プログラムです。

――こんな悩みはありませんか。

「初対面の人と上手く会話ができない」
「興味の範囲が狭い」
「社会に対する関心が薄い」
「簡潔で分かりやすい文章が書けない」

経験豊かな新聞記者が講師を務めます。謝礼はいただきません。期間中、読売新聞を教材として使用しますので、購読をお願いします。詳しくは「新聞のちから」ページをご覧ください。

MOVIE

  • 「新聞を贈りませんか」テレビCM「未来につながる贈り物 齋藤さん編」
    「その手があったか」編の続編で、齋藤光香さんが読売新聞とThe Japan News(日刊英字紙)を紹介しています。
  • 「おためし読売新聞」テレビCM「まずは、試し読み編」
    「試食」や「試着」と同じように、新聞もお試し。コミカルなアニメと音楽で紹介しています。