保有個人データに関する問い合わせ(西部本社)

読売新聞西部本社が保有するご本人の個人データに関する問い合わせは、下記へお願いします。

PR委員会

個人情報保護担当:
092-715-4474

全日 午前9時~午後8時

YC読売センター(読売新聞販売店)が保有する個人データに関するお問い合わせは、YC相談窓口

保有個人データの開示等を希望される方へ(西部本社)

読売新聞西部本社が保有するご本人の個人データの利用目的の通知、開示、内容の訂正・追加・削除、利用停止、消去、第三者提供の停止、第三者提供記録の開示を希望される方は、以下の手順に従ってお申し込みください。

  1. 1.

    「保有個人データ開示等請求書」等の必要書類を入手する

    1. (1)

      ダウンロードによる方法

      以下のリンクから直接ダウンロードしてください。ダウンロードした請求書は、そのままでは書き込みができません。必ずプリントアウトして使用してください。

    2. (2)

      郵送による方法

      あなたの住所、氏名、電話番号、開示等を希望される個人データの種類(○○イベント参加者名簿、○○コンクール応募者名簿等)を書いた紙と、返信用の84円切手を同封して、〒810-8581(住所不要)読売新聞西部本社 PR委員会 個人情報保護担当宛に封書でお申し込みください。受け付けが済みしだい、請求書等をお送りします。

  2. 2.

    請求書に必要事項を書き込み郵送する

    保有個人データ開示等請求書に添付された注意事項をお読みのうえ、必要事項をご記入いただき、上記、PR委員会個人情報保護担当に郵送してください。代理人申請につきましては、委任状が必要です。当ページよりダウンロードしてお使い下さい。

    また、「開示」「利用目的の通知」をお求めの方は手数料として計500円を指定の郵便振替口座にお振り込みください。詳細は「保有個人データ開示等請求書」にあります。

    なお、本人確認のための書類等が必要になります。保有個人データ開示等請求書の記載内容、添付すべき必要書類等に不備がある場合、再提出をお願いすることがあります。また、ご請求に応じられない場合もありますので、ご注意ください。

  3. 3.

    回答書を簡易書留郵便でお送りし、ご請求に対応いたします。

本手続きでご記入いただく内容は、申し込み内容の確認以外の用途で使用することはありません。