教育・活字文化振興のために

1.教育支援の取り組み

読売新聞教育ネットワーク

「読売新聞教育ネットワーク」は、読売新聞社が企業、大学、教育委員会、小中高校、教育関係団体に呼びかけて、2014年10月に創設した組織です。「社会はまるごと学校」を合言葉に、日本の教育の発展を支援しています。読売新聞東京本社に事務局を置き、出前授業や公開の教育イベントなどを企画する一方、参加企業や学校が行うユニークな教育事業や先駆的な授業などの取り組みを情報発信しています。参加団体は約600。教員や学校司書、一般個人の参加も受け付けています。

読売新聞教育ネットワークHP

読売新聞教育ネットワーク

出前授業

全国各地の小中高校や幼稚園・保育園に記者や広告、制作などを担当する社員が出向いて「出前授業」を行っています。新聞の読み方や取材・記事作成体験から「情報リテラシー」、「主権者教育」といった昨今の課題まで、新聞を通して分かりやすくお話しします。始業前などの空き時間を活用し、新聞を使って簡単なワークを行う「新聞タイム」の普及にも努めています。こうした学校現場での取り組みは、「新聞@スクール」として、読売新聞紙面で積極的に紹介しています。

記者が新聞の読み方や記事の書き方などを教える出前授業
記者が新聞の読み方や記事の書き方などを教える出前授業
         

「新聞のちから」プロジェクト

社会人として欠かせない「書くちから」「読むちから」「会話するちから」の向上のために、新聞と記者のノウハウを役立ててもらう研修プロジェクトです。効率のよい情報収集、伝わりやすい文章の書き方など、ビジネスにすぐ活用できる内容となっています。新聞の購読に、数回の講義と定期的な通信教育を組み合わせる研修で、講師はベテランの記者が務め、添削指導も行います。多くの大学でも、研究やレポートの作成に必要なスキルが身につく、社会への関心が高まるとして、通常の授業はもちろん新入生教育や就活準備に取り入れられています。

社会人として欠かせないちからが身につく「新聞のちから」研修
社会人として欠かせないちからが身につく「新聞のちから」研修
         

参加企業教育プログラム

読売新聞教育ネットワークに参加する企業や団体などが実施している教育プログラムを、小中高校などに紹介し、コーディネートしています。企業の最前線で活躍している講師が学校に出向いて講義をしたり、生徒たちに職場を見学してもらったりしています。大学とコラボして、医師を志す高校生たちに実際の手術の模様を見学してもらい、医師の使命や実際の仕事について考える体験プログラムも実施しています。

円安や円高をテーマにした野村ホールディングスの出前授業
円安や円高をテーマにした野村ホールディングスの出前授業

読売ワークシート通信(小中高校生向け)

「読売ワークシート通信」は、教育ネットワーク事務局が毎週水曜日に、小中高校の先生などに無料で提供している教材です。時事問題の知識や読解力、記述力などが身につくよう、読売新聞や読売KODOMO新聞、読売中高生新聞などを基に、設問と解答記入欄が付いたワークシートに編集して配信しています。また個人向けには、2018年から「新聞でチャレンジ! 作文添削教室」(有料)を、進学塾の浜学園(本社・兵庫県西宮市)と共同でスタート。国内在住者には郵送、海外在住者にはネット経由で、新聞を題材とした作文の通信添削サービスを展開しています。

読売新聞教育ネットワーク 読売ワークシート通信

読売新聞教育ネットワーク 「新聞でチャレンジ! 作文添削教室」

ワークシートは毎週水曜にメール配信。授業や朝学習に活用可能
ワークシートは毎週水曜にメール配信。授業や朝学習に活用可能

大学講座・セミナー(大学生向け)

「読売新聞特別講座」などの名称で、全国各地の大学や大学院に記者らを講師として派遣し、授業やセミナーを実施しています。時事問題への学生の関心を高めるとともに、新聞に親しんでもらうことを目指しています。

学生新聞(高校・大学生向け)

大学生の有志と一緒に、タブロイド判の学生新聞「キャンパス・スコープ」を年1回、発行しています。発行部数は学生新聞としては最大の約10万部で、全国の約600大学、約2100の高校に届けています。各号ごとに学生の「編集部員(記者)」と「広告部員」を募り、読売新聞社の担当者が取材、編集などを支援しています。完成した新聞は、無料配布しています。

読売教育ネットワーク キャンパス・スコープ

春と秋の年2回発行される「キャンパス・スコープ」
年1回発行される「キャンパス・スコープ」

就職活動支援(大学生向け)

約20の大学から推薦されたマスコミに興味がある学生を対象に、夏季就業体験会を開き、5日間にわたって取材の模擬体験や論作文指導を行っています。また、マスコミ業界への就職活動を行う大学生や大学院生を対象に「キャリアデザインセミナー」を開催し、就職コンサルタントによる業界研究や、新聞活用法の講座などを行っています。

キャリアデザインセミナーの様子
キャリアデザインセミナーの様子

「新聞@スクール 月刊ワークシート」

教室で新聞を活用してもらうための読売新聞独自の企画「新聞@スクール」の一環として、「月刊ワークシート」を月1回朝刊に掲載しています。子どもたちに知ってほしいニュースをテーマに、イラストと記事を読んで質問に答えてもらうページです。紙面と連動して、読売新聞教育ネットワークのウェブサイトにはテーマにちなんだ解説を掲載し、子どもたちの理解を助けます。このページの4か月分をまとめた別刷り特集を年3回作り、学校などに無料配布しています。

読売新聞の「新聞@スクール 月刊ワークシート」の特集紙面
読売新聞の「新聞@スクール 月刊ワークシート」の特集紙面(2019年3月)

土曜サロン

新聞を活用した学習方法についての先生向け勉強会を、原則毎月第4土曜日に東京本社で開催しています。新聞活用学習(NIE)の実践経験豊かな講師によるワークショップのほか、記者によるミニ講演もあります。新聞記事をどう活用すれば児童生徒の学びにつながるか、現場の先生たちとともに考え、学び合う場を目指しています。

新聞活用学習の方法を学び合う「土曜サロン」
新聞活用学習の方法を学び合う「土曜サロン」

夏休み親子新聞教室

気になる新聞記事や写真を集めて「世界に一つだけの新聞」を作るイベント。夏休みの自由研究に役立ててもらうことなどを目指し、東京、大阪、西部3本社がそれぞれ企画しています。子どもが選んだ記事を見て「うちの子はこんなことに興味があったのね」と驚く親も多い、人気のある教室です。

東京本社の夏休み親子新聞教室
東京本社の夏休み親子新聞教室

2.活字文化振興の取り組み

活字文化推進会議

読売新聞社は2002年、出版関連業界と協力して「活字文化推進会議」(委員長=作家・浅田次郎氏)を発足させ、本や新聞などの活字文化を守り育てていく「21世紀活字文化プロジェクト」に取り組んでいます。東京本社に事務局を置き、全国各地でフォーラムやトークショー、大学での公開講座などの活動を行っています。

21世紀活字文化プロジェクトHP

読書教養講座、活字文化公開講座

「読書教養講座」、「活字文化公開講座」は、本好きの学生を増やすことを目指し、大学と共同で行っている講座です。講師は学内の教授陣や、活字文化推進会議が依頼した作家、評論家などが務めています。この講座を開講する大学では、参加学生が単位を取得できる正規の授業に位置づけています。

読書教養講座

活字文化公開講座

椙山女学園大学活字文化公開講座で読書の楽しさについて語る作家の万城目学さん(左から2人目、2018年11月8日)
椙山女学園大学活字文化公開講座で読書の楽しさについて語る作家の万城目学さん(左から2人目、2018年11月8日)

ビブリオバトル

「ビブリオバトル」は、「本」を意味するラテン語由来の「ビブリオ」と、「闘い」を意味する「バトル」を組み合わせて名付けた書評ゲームです。参加者は順番にお気に入りの本の魅力を5分間で紹介し、全員が発表を終えると、質疑を経て「どの本が読みたくなったか」を基準に投票を行います。活字文化推進会議が、中学生、高校生、大学生の各大会を開催しています。

21世紀活字文化プロジェクト ビブリオバトル

全国高校ビブリオバトル決勝大会の表彰式。右は作家の原田マハさん(2019年1月20日、よみうり大手町ホール)
全国高校ビブリオバトル決勝大会の表彰式。右は作家の原田マハさん(2019年1月20日、よみうり大手町ホール)

3.就学支援の取り組み

読売育英奨学会

読売育英奨学生制度は、読売新聞販売店(読売センター=YC)での新聞配達や集金・折込業務などの業務をすることにより、学費の支援を受けて大学や専門学校に通う制度です。学校への入学金や授業料は、読売育英奨学会が入学から卒業まで全額を立て替えます。卒業時までYCで業務をした場合、立て替えた奨学金は最大520万円まで返済免除となります(2018年1月現在)。業務の内容により金額は異なりますが、給与も毎月支給され、宿舎家賃の本人負担もありません。読売育英奨学会は1964年(昭和39年)に設立、すでに50年を超える歴史を刻んでいます。門を叩いた奨学生はおよそ80,000人を数え、我が国最大規模の新聞奨学生制度です。

販売ネットワーク 新聞販売店の仕事