教育・活字文化振興のために

1.教育支援の取り組み

読売教育ネットワーク

「読売教育ネットワーク」は、読売新聞社が企業、大学、教育委員会、小中高校、教育関係団体に呼びかけて、2014年10月に創設した組織です。「社会はまるごと学校」を合言葉に、日本の教育の発展を支援しています。読売新聞東京本社に事務局を置き、出前授業や公開の教育イベントなどを企画する一方、参加企業や学校が行うユニークな教育事業や先駆的な授業などの取り組みを情報発信しています。参加団体は300を超えており、教員や学校司書の個人参加も受け付けています。

読売教育ネットワークHP

読売教育ネットワーク

出前授業(小中高校生向け)

「出前授業」は、参加企業の社員、大学の教員、読売新聞記者らが、専門経験を生かして行っている授業です。例えば読売新聞記者は、取材の方法や記事の書き方、写真の撮り方などを小中高校に出向いて教えています。出前授業に加え、参加企業の職場を見学してもらったり、医師を志す高校生たちに実際の心臓手術の模様を見学してもらったりと、ユニークな体験プログラムのコーディネートも行っています。

円安や円高をテーマにした野村ホールディングスの出前授業
円安や円高をテーマにした野村ホールディングスの出前授業

読売ワークシート通信(小中高校生向け)

「読売ワークシート通信」は、教育ネットワーク事務局が毎週水曜、小中高校の先生などに無料で提供している教材です。時事問題の知識や、文章を書く力、読解力などが身につくように、読売新聞やThe Japan News(読売新聞社発行の日刊英字新聞)のニュースやコラムなどの記事に、設問と解答記入欄を付けています。読売中高生新聞(2014年11月創刊)、読売KODOMO新聞(11年3月創刊)の記事も使い、幅広い学年に合うように工夫しています。

読売教育ネットワーク 読売ワークシート通信

ワークシートは毎週水曜にメール配信。授業や朝学習に活用可能
ワークシートは毎週水曜にメール配信。授業や朝学習に活用可能

大学の実力(高校生向け)

「大学の実力」は、全国の国公私立大から、AO入試など入試方法別入学者数や退学率、卒業率などのデータを収集する独自調査です。偏差値や知名度にとらわれず、自分に本当に合う大学を選ぶ手助けをしようと、2008年から始めた調査で、毎年7月に公表しています。15年の調査には、全国の9割を超える大学が回答しています。調査結果は、読売教育ネットワークのWebサイトでも公開しています。

読売教育ネットワーク 大学の実力

「大学の実力」はムック本で出版
「大学の実力」はムック本で出版

大学講座・セミナー(大学生向け)

「読売新聞特別講座」などの名称で、大学や大学院に記者を講師として派遣し、講義を行っています。時事問題への学生の関心を高めるとともに、新聞に親しんでもらうことを目指しています。

学生新聞(高校・大学生向け)

大学生の有志と一緒に、タブロイド判の学生新聞「キャンパス・スコープ」を春と秋の年2回、発行しています。発行部数は学生新聞としては最大の約10万部で、全国の約600大学、約2100の高校に届けています。各号ごとに学生の「編集部員(記者)」と「広告部員」を募り、読売新聞社の担当者が取材、編集などを支援しています。就職活動に役立つ情報を載せた「キャンパス・スコープ就活増刊号」も年1回発行し、無料配布しています。

読売教育ネットワーク キャンパス・スコープ

2015年4月に発行された「キャンパス・スコープ35号」
2015年4月に発行された「キャンパス・スコープ35号」

就職活動支援(大学生向け)

約20の大学から派遣されたマスコミに興味がある学生を対象に、夏にインターンシップを開催し、約10日間にわたって取材の模擬体験や論作文指導を行っています。また、就職活動を行う大学生や大学院生を対象に「キャリアデザインセミナー」を開催し、就職コンサルタントによる業界研究や、新聞活用法の講座などを行っています。

キャリアデザインセミナーの様子
キャリアデザインセミナーの様子

NIE(教育に新聞を)特集「わくわく新聞活用」

NIE(Newspaper In Education)は、学習に新聞を役立て、子どもに新聞に親しんでもらおうという活動です。月1回、読売新聞朝刊に小中学生向けの特集記事「わくわく新聞活用」を掲載し、子どもたちの関心を引くテーマを選んで、わかりやすく親しみやすい紙面づくりをしています。この特集の4か月分をまとめた別刷り特集を年3回作り、学校などに無料配布しています。

読売新聞の「わくわく新聞活用」の特集記事
読売新聞の「わくわく新聞活用」の特集記事(2015年6月)

NIEセミナー、土曜サロン

「NIEセミナー」は、授業での新聞活用法を学んでもらうため、教育関係者を対象にワークショップ方式で随時開催しているセミナーです。読売新聞記者との懇談会や参加者の実践報告を行う「土曜サロン」も、東京本社で開催しています。

夏休み親子新聞教室

「夏休み親子新聞教室」は、夏休みの自由研究に新聞を役立ててもらうことを目指して、東京、大阪、西部3本社がそれぞれ企画しています。東京本社と大阪本社の教室では、興味ある新聞記事を切り抜いて「自分だけの新聞」に仕立てます。西部本社では、博物館や美術館の展覧会などを取材して記事を書き、手作り新聞を完成させます。

東京本社の夏休み親子新聞教室
東京本社の夏休み親子新聞教室

2.活字文化振興の取り組み

活字文化推進会議

読売新聞社は2002年、出版関連業界と協力して「活字文化推進会議」(委員長=劇作家・山崎正和氏)を発足させ、本や新聞などの活字文化を守り育てていく「21世紀活字文化プロジェクト」に取り組んでいます。東京本社に事務局を置き、全国各地でフォーラムやトークショー、大学での公開講座などの活動を行っています。

21世紀活字文化プロジェクトHP

読書教養講座

「読書教養講座」は、本好きの学生を増やすことを目指し、大学と共同で行っている講座です。講師は学内の教授陣や、活字文化推進会議が依頼した作家、評論家などが務めています。この講座を開講する大学では、参加学生が単位を取得できる正規の授業に位置づけています。

読書教養講座

芥川賞作家の津村記久子さん(手前)が参加した読書教養講座(2014年12月)
芥川賞作家の津村記久子さん(手前)が参加した読書教養講座(2014年12月)

ビブリオバトル

「ビブリオバトル」は、「本」を意味するラテン語由来の「ビブリオ」と、「闘い」を意味する「バトル」を組み合わせて名付けた書評ゲームです。参加者は順番にお気に入りの本の魅力を5分間で紹介し、全員が発表を終えると、質疑を経て「どの本が読みたくなったか」を基準に投票を行います。活字文化推進会議は、中学生、高校生大会や大学生大会を開催しています。

読売教育ネットワーク ビブリオバトル

全国高校ビブリオバトル2014関東・甲信越大会
全国高校ビブリオバトル2014関東・甲信越大会

3.就学支援の取り組み

読売育英奨学会

読売育英奨学生制度は、読売新聞販売店で新聞配達などの仕事に就き、学費の支援を受けながら大学や専門学校に通える制度です。学校への入学金や授業料は、読売育英奨学会が入学から卒業まで全額立て替え、限度額まで返済を免除します。給与も毎月支給されます。読売育英奨学会は1964年(昭和39年)に設立され、日本の新聞業界で最も長い歴史があります。

販売ネットワーク 新聞販売店の仕事