医療・福祉のために

1.医療分野の取り組み

正力厚生会

読売新聞社は、読売グループの公益財団法人「正力厚生会」を通じて、全国のがん患者団体を助成するなど、がん患者やその家族を支援する事業に取り組んでいます。

正力厚生会は、読売新聞社主だった正力松太郎(1885年~1969年)の後押しで1943年(昭和18年)に設立され、以前は福祉施設に車椅子や補聴器などを寄贈する活動に取り組んでいました。読売新聞社の医療・福祉の分野における社会貢献活動を長年担ってきた、歴史のある法人です。

正力厚生会HP

佐賀県武雄市でのがん患者らの集い(2015年4月)
佐賀県武雄市でのがん患者らの集い(2015年4月)
医療施設での読響ハートフルコンサート (c)読売日本交響楽団
医療施設での読響ハートフルコンサート (c)読売日本交響楽団

がん患者団体への助成

資金難などで活動が制約されている全国のがん患者団体のうち、優れたイベントやプロジェクトを行っている団体を一般公募し、助成金を支給しています。既に300以上の団体に助成しました。

正力厚生会 がん患者団体への助成

医療機関への助成

がん患者とその家族の生活の質の向上に取り組む医療機関に対し、啓発用小冊子の作成や、がんとの共生などをテーマにしたフォーラムの開催などに助成金を支給しています。

正力厚生会 医療機関への助成

読響ハートフルコンサート

全国のがん診療連携拠点病院などで、読売日本交響楽団の団員による弦楽四重奏の演奏会を開催し、患者や医療従事者にプロの演奏を楽しんでもらっています。これまでに全国47都道府県の80以上の医療機関で開催しました。会場の医療機関は、一般公募した中から地域バランスなどを考慮して選考しています。

正力厚生会 ハートフルコンサート

読売クリニック

 「読売クリニック」は、東京・大手町の読売新聞ビル6階にある医療機関です。1929年(昭和4年)、東京・神田三崎町に「読売診療所」として開設されました。銀座、大手町と場所を変えながら、社員だけでなく、地域の人々に医療サービスを提供してきました。大手町に新社屋が完成した2014年1月、現在の名称となりました。2019年度の読売クリニック受診者のうち、7割は読売健康保険組合の加入者以外の方々が占めています。

読売クリニックHP

読売クリニックの受付
読売クリニックの受付

2.福祉分野の取り組み

読売光と愛の事業団

読売新聞社は、読売グループの社会福祉法人「読売光と愛の事業団」を通じて、障害者や災害被災者などを支援する事業に取り組んでいます。2011年の東日本大震災の時には、29億円を超える救援募金が寄せられ、被災者のために活用しました。

読売光と愛の事業団も歴史のある法人です。視覚障害者を支援する「読売光のプレゼント協会」(1961年設立)と、重症心身障害児や施設を支援する「読売愛のプレゼント協会」(69年設立)が1971年(昭和46年)に合併して発足し、読売新聞社の福祉の分野での社会貢献活動を長年担ってきました。

読売光と愛の事業団HP

読売光と愛の事業団のシンボル・キャラクターのヒカル君(左)とアイちゃん
読売光と愛の事業団のシンボル・キャラクターのヒカル君(左)とアイちゃん

読売アイバンク

「読売アイバンク」は、角膜移植でしか視力を回復できない患者のために、移植をあっ旋する事業です。1961年(昭和36年)の設立以来の献眼登録者は累計23万人超にのぼり、6000人以上の患者が光を取り戻しています。

読売光と愛の事業団 読売アイバンク

郡司ひさゑ奨学金

「郡司ひさゑ奨学金」は、1997年(平成9年)に67歳でなくなった東京・渋谷区の郡司ひさゑさんの寄贈遺産を基にした奨学制度です。児童養護施設の入所者が高校卒業後に進学する際、返済義務のない学費の助成を行っています。公募で毎年10人程度を選んでいます。

郡司ひさゑさんの肖像画と一緒に記念撮影する2019年度入学の奨学生ら
郡司ひさゑさんの肖像画と一緒に記念撮影する2019年度入学の奨学生ら

コロナ医療福祉支援事業

新型コロナウイルスの感染拡大で苦労されている医療や福祉の現場で働く人たちを支援するため、読売新聞社とともに、「全国コロナ医療福祉支援基金」を設立。全国各地から寄せられた寄付金を東京都や大阪府など感染拡大が続く自治体や日本医師会などに贈り、医療従事者らの待遇改善や感染防止用品の購入などに使ってもらっています。

生き生きチャレンジ

「生き生きチャレンジ」は、障害者が働く作業所の事業に資金助成し、障害者の賃金アップを図る事業です。読売巨人軍や大リーグ・ヤンキースなどで活躍した松井秀喜選手の寄付による「松井秀喜ホームラン基金」の事業として始まり、2006年以降、現在の名称に変わりました。

よみうりランド花ハウス、よみうりランドケアセンター

「よみうりランド花ハウス」は、160床全室個室の特別養護老人ホームです。「よみうりランドケアセンター」は、150床全室個室の介護老人保健施設です。両施設とも川崎市多摩区にあります。

特別養護老人ホームの「よみうりランド花ハウス」
特別養護老人ホームの「よみうりランド花ハウス」
介護老人保健施設の「よみうりランドケアセンター」
介護老人保健施設の「よみうりランドケアセンター」