主筆メッセージ

渡辺恒雄
撮影:篠山紀信

読売新聞グループは、世界一の発行部数を有する読売新聞を中核に、総合メディア集団として歩んでいます。プロ野球の人気球団である読売巨人軍、日本の出版文化を支えている中央公論新社、全30局による一大テレビ放送ネットワークを築く日本テレビ放送網をはじめ、150を超える関連会社が多角的な事業を展開しています。

読売新聞は2014年、創刊140周年を迎えるとともに、グループの拠点となる新社屋「読売新聞ビル」を東京・大手町に完成させました。先人たちが築き上げた140年という歴史に思いを至らせると、責任感と使命感に身が引き締まる思いがします。

読売新聞は、1874年(明治7年)、東京・虎ノ門の2階建ての小さな建物で創刊されました。77年(明治10年)、銀座1丁目に本社が移った頃は、発行部数はまだ約2万5000部でしかありませんでした。しかし、日本の新聞では初となる本格的家庭面「よみうり婦人附録」(現在のくらし家庭面)を創設するなどの創意工夫で部数を徐々に伸ばしていきました。

1923年(大正12年)になって、銀座3丁目に本社を移しました。ところが、落成祝賀会の直前に関東大震災に見舞われ、完成したばかりの新社屋は焼失してしまいました。その後、正力松太郎が社長となって社を再生させましたが、終戦直前の45年(昭和20年)の空襲で、再び社屋は焼けてしまいました。

2度も社屋を失うという憂き目に遭った我が社ですが、務台光雄という空前の才能を備えた経営者の下で、全国に強固な販売店網を構築し、飛躍的な発展を遂げました。どの社にも負けない正確で迅速な報道と、中道で良識的、堅固で説得力のある社説を掲げ続けた読売新聞は、77年(昭和52年)、日本一の発行部数を誇る新聞社へと成長。94年(平成6年)には1000万部を超え、日本を代表する新聞の座を確固たるものにしました。

読売新聞の戦後の成長は、発行部数の飛躍的な増加にとどまりません。52年(昭和27年)、日本初の民間テレビ放送局・日本テレビの設立を主導しました。遊園地・よみうりランドの建設、読売日本交響楽団や読売理工学院の設立など、社会に役立ち、国民に喜ばれる事業を次々に拡張し、99年(平成11年)には老舗出版社・中央公論社もグループの傘下に入りました。オーケストラを持つ新聞社が世界でほかに例がないように、文化やスポーツ、医療、福祉と、幅広い分野において日本の発展に貢献してきたのが読売新聞です。

昨今、若者を中心に活字離れ、新聞離れが進んでいると言われています。しかし、一覧性、記録性、信頼性などで他のメディアに優れる新聞の価値は、年を追うごとに再評価されています。2011年3月に創刊した「読売KODOMO新聞」と、14年11月創刊の「読売中高生新聞」は、「面白くてためになる」と、若い読者の支持を得ました。国の平和と繁栄、民主主義の維持・発展、国民生活の向上には、新聞メディアは欠かすことのできない存在なのです。

読売新聞グループは、今後も日本で最も信頼される総合メディア集団として、皆様とともに発展し続けていきたいと考えています。

読売新聞グループ本社
代表取締役主筆
渡辺恒雄
<渡辺主筆の略歴>

1926年(大正15年)、東京生まれ。東京大学文学部哲学科卒。50年、読売新聞社入社。ワシントン支局長、政治部長、論説委員長などを経て、読売新聞グループ本社代表取締役主筆。著書に「反ポピュリズム論」(新潮新書)、「渡邉恒雄回顧録」(中公文庫)、「わが人生記」(中公新書ラクレ)、「派閥 保守党の解剖」(弘文堂)など多数。